メインメニューを開く
本来の表記は「竜ヶ嵜枩太郎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

竜ヶ嵜 枩太郎(りゅうがさき まつたろう、1884年1月20日-1947年2月19日[1])は、阿武松部屋出羽海部屋に所属した元力士。本名は齋藤松太郎。現在の千葉県大網白里市出身。167cm、90kg。最高位は西小結

目次

経歴編集

紫雲竜吉之助に見出され入門した。1904年5月初土俵、1909年6月十両昇進。1910年1月入幕し、1913年5月小結に昇進した。ところがそれから不振に陥り、幕内中位から下位に沈み、1918年1月限り廃業。その後は満洲、朝鮮半島で料亭を経営。

成績編集

  • 幕内17場所55勝69敗31休15分預

改名編集

改名歴なし [2]

出典 編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19100105.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709