竜ヶ嵜枩太郎

大相撲力士

竜ヶ嵜 枩太郎(りゅうがさき まつたろう、1884年1月20日 - 1947年2月19日[1])は、現在の千葉県大網白里市四天木[2]出身で阿武松部屋出羽海部屋に所属した力士。本名は齋藤 松太郎。167cm、90kg。最高位は西小結

経歴

編集

紫雲竜吉之助に見出され入門した。1904年5月初土俵、1909年6月十両昇進。1910年1月入幕し、1913年5月小結に昇進した。ところがそれから不振に陥り、幕内中位から下位に沈み、1918年1月限り廃業。その後は満洲、朝鮮半島で料亭を経営。

成績

編集
  • 幕内17場所55勝69敗31休15分預

改名

編集

改名歴なし [3]

出典

編集
  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19100105.htm
  2. ^ 千葉県出身の幕内力士”. 千葉県ホームページ. 2020年2月25日閲覧。
  3. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709