竜田町

日本の奈良県生駒郡にあった町

竜田町(たつたちょう)は、昭和22年(1947年)まで奈良県生駒郡にあった町。現在の生駒郡斑鳩町龍田にあたる。

竜田町
廃止日 1947年2月11日
廃止理由 新設合併
竜田町富郷村法隆寺村斑鳩町
現在の自治体 斑鳩町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
生駒郡
総人口 3,976
国勢調査1940年
隣接自治体 生駒郡安堵村、富郷村、法隆寺村、平群村三郷村
北葛城郡王寺町河合村
竜田町役場
所在地 奈良県生駒郡竜田町
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

歴史編集

江戸時代初期には片桐且元を藩祖とする竜田藩が置かれた。

沿革編集

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、竜田村・神南村・稲葉車瀬村・小吉田村・服部村・五百井村・目安村の7か村が合併して新制の平群郡竜田村が発足。
  • 明治24年(1891年)4月2日 - 町制施行により、平群郡竜田町となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 平群郡と添下郡が合併して生駒郡が発足。生駒郡竜田町となる。
  • 昭和22年(1947年)2月11日 - 富郷村法隆寺村と合併し、斑鳩町となる。

参考文献編集

  • 『角川日本地名大辞典』 29 奈良県(角川書店、1990)

関連項目編集