メインメニューを開く

章懐皇后(しょうかいこうごう、968年 - 989年6月13日)は、北宋の第3代皇帝真宗の最初の正室(即位前に没した)。姓は潘氏

経歴編集

大名の人。忠武節度使潘美の八女とも、潘美の孫娘(潘美の息子・潘惟熙と趙徳芳の娘・興平郡主の間の娘)だったともされる。

雍熙2年(985年)閏9月、韓王趙恒(のちの真宗)にとつぎ、莒国夫人となった。端拱2年5月3日(989年6月13日)、潘氏は早世した。真宗が即位すると、皇后の位を追贈され、「荘懐」とされ、保泰陵に葬された。慶暦4年(1044年)11月、夫の諡を重ねて「章懐」と改諡された。

伝記資料編集

  • 宋史』真宗章懐潘皇后伝「真宗章懐潘皇后、大名人。忠武軍節度使美第八女。
  • 『宋史』潘美伝「子惟徳至宮苑使、惟固西上閣門使、惟正西京作坊使、惟清崇儀使、惟熙娶秦王女、平州刺史。惟熙女即章懐皇后也。美後追封鄭王、以章懐故也。」
  • 『潘氏家譜』
  • 『宋会要輯稿』

話本と京劇における形象編集