竹内 惣右衛門(たけうち そうえもん)は、安土桃山時代の人物。長宗我部氏の家臣、一領具足

 
竹内惣右衛門
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 慶長5年(1600年
主君 長宗我部盛親
テンプレートを表示

略歴編集

関ヶ原の戦いで敗れ、改易された長宗我部盛親土佐国半国を与えるよう要求し、新国主・山内一豊に反発、浦戸城に篭り、一揆の物頭となる。この浦戸一揆は50日間ほど抵抗するが、一豊に先立って入国した弟・山内康豊や、井伊直政の計略によって、旧臣の一部・桑名吉成らが投降したために城を奪われ、自害した。

土佐物語』巻第二十「山内一豊土佐国拝領 浦戸一揆の事」においては、「竹ノ内惣衛門」と表記されており、8名の一領具足の大将が討死した後、何の為に惜しむ命ぞといって、他の者と出撃して討死したと記述されている。