笠原 信為(かさはら のぶため、生年不詳 - 弘治3年7月8日1557年8月12日))は戦国時代武将相模戦国大名北条家の家臣。父は笠原信隆(のぶたか)。子に笠原康勝(やすかつ、笠原政尭の養父[1])。

武蔵国橘樹郡小机城城代。大曾根城主。官途は越前守。文化的教養もあり、和歌・漢詩に精通して造詣が深かった。

北条早雲氏綱氏康の3代にわたって仕えた宿老で、北条氏綱の時代には五家老を務め配下の小机衆を率いて、重用された。鶴岡八幡宮の戦いの際に里見義豊によって鶴岡八幡宮が焼き討ちを受けたため、その再建のために造営総奉行を命じられると、同じく総奉行の大道寺盛昌、材木奉行の北条綱成や与力の間宮康俊、蒔田御所吉良頼康とともに普請にあたっている。

また享禄2年(1529年)、早雲寺殿(北条早雲)の御茶湯料として熊野堂5貫文を雲松院に寄進している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 近年、異説がある。「笠原政尭」項目参照

参考文献編集