後北条氏

日本の氏族。関東の戦国大名として知られる。

後北条氏(ごほうじょうし/うじ)、後北條氏小田原北条氏(おだわらほうじょうし/うじ)、相模北条氏は、戦国時代、駿河国の守護・今川氏親を補佐して伊豆の北条に旗を立てた伊勢新九郎入道宗瑞(早雲庵宗瑞、北条早雲)を祖とし、2代氏綱より相模国小田原城を本拠として、5代にわたり関八州に威勢を振るった戦国大名家である。早雲のとき相模三浦氏を滅ぼし、3代氏康のとき、扇谷上杉氏を滅ぼし、周辺諸国を切り従えた。5代・氏直のとき織田政権に臣従しようとしたが、本能寺の変のあと、北関東での抗争を続けて豊臣政権と対立し、天正18寅の年(1590年)、秀吉小田原攻めにより滅亡した。氏直病没後、氏規の子孫が嫡家を継いで江戸時代には大阪狭山藩主として続き、明治維新後、制度廃止まで華族子爵家)として続いた。

北条氏(北條氏)
家紋
北条鱗ほうじょううろこ
本姓 称・桓武平氏伊勢氏流
家祖 北条早雲(伊勢新九郎入道宗瑞、早雲庵宗瑞)
種別 武家
華族子爵
出身地 京洛山城国平安京
主な根拠地 相模国小田原
著名な人物 早雲
北条氏綱
北条氏康
北条氏政
北条氏直
凡例 / Category:日本の氏族

本姓平氏。家系は武家桓武平氏伊勢氏流。早雲は備中伊勢氏から出て、伊勢駿河守貞雅の養子となった。北条を名乗ったのはその子・氏綱からで、厳密には4代しか続いていないと言えなくもないが、狭山北条氏の寛永の呈譜でも初代は伊勢長氏とされており、同じ頃(寛永18年)刊行された三浦浄心北条五代記』の「北条早雲」が流布して、早雲も含めて5代続いたとみなされている。

本来の氏は「北条北條)」であるが、鎌倉幕府執権をつとめた北条氏と区別するため、「後」を付して「後北条氏」、相模国小田原の地名から「小田原北条氏」、「相模北条氏」とも呼ばれる。

沿革編集

伊豆・北条に旗を立てる編集

室町幕府の御家人であった伊勢新九郎(早雲)の姉(北川殿)は、駿河国の守護大名・今川義忠に嫁いでいた。早雲は駿河国に下向し、北川殿の子で甥にあたる龍王丸(後の今川氏親)を支援した。六巻本『北条記』は、早雲はこの功績により氏親から駿河国富士郡下方庄を与えられ、高国寺城に在城した、としている[1]明応2年(1493年)、早雲は伊豆国を攻めて堀越公方の子・足利茶々丸を滅ぼし、「北条に旗を立て」て、韮山城に在城した[2]

明応4年(1495年)に後北条氏は、大森氏から相模国の小田原城を奪って本拠地を移し、1516年三浦義同を滅ぼした。

北条改姓編集

初めて北条氏を称したのは、早雲ではなく、二代氏綱とみられている。早雲は、『備中伊勢氏系図』に、伊勢備中守貞定の子・盛時で、伊勢駿河守貞雅の養子になり、伊豆に下って北条氏の祖になったとされている[3]

黒田基樹は、伊勢氏の宗家は室町幕府の要職であった政所の長官である執事を代々世襲していたにもかかわらず、「北条」に改姓した理由として、上杉氏ら関東の旧来勢力から伊勢氏は”外来の侵略者(他国の兇徒)”とみなされており、それまで相模守護であった扇谷上杉氏に代わる相模国主としての正当性を得るために、かつて鎌倉幕府を支配した代々の執権北条氏の名跡を継承した、という体裁を宣言したからだとしている[4]

なお、山内・扇谷両上杉家や長尾上杉家などの北条家の敵対勢力は、後年まで旧名字の「伊勢」で呼び続けた。対する北条家側も、長尾上杉家のことを旧名字の「長尾」で呼び続けた。

氏綱から名乗った「左京大夫」、氏康から名乗った受領名相模守」も、鎌倉北条氏で歴代の執権が名乗った古例を踏襲したものである。以後、当主が左京大夫を名乗り、隠居後に相模守を名乗るのが通例となった。

執権北条氏との血統的なつながりは以下に示す通りである。


黒田基樹は、北条氏綱の正室であった養珠院殿が、後北条氏家臣で鎌倉時代最後の北条得宗北条高時の末裔(まつえい)を名乗っていた横井氏出身の可能性を指摘している[5][6]

小和田哲男は、北条氏は京都との接触を最低限に止め、平将門以来関東にあった「中央からの半独立」という願望を具現化することを国是としていたとする。関東管領職の継承に固執したのもそのためで、関東の地に関東公方を盟主とした独立国家を目指していた、としている[要文献特定詳細情報]

佐々木健策は、氏綱が後妻を近衛家から迎えていること、相模国の守護所を目指していた小田原の城下町形成の過程で、京都や奈良の職人を積極的に招聘していたことなどを挙げ、関東公方はもとより室町幕府や朝廷との関係を自らの威信として利用することで、関東における主導権を確立しようとしたと説いている[7]

なお、北条への改姓の正確な時期については、箱根権現の宝殿の修造完成を機に作成された大永3年(1523年)6月12日付の棟札が「伊勢」の名乗りで記され、同大永3年(1523年)9月13日に書かれた公家の近衛尚通(後に娘が氏綱の後室となる)の日記『後法成寺関白記』の記述には「北条」の名乗りが登場していることから、その3か月の間に行われたと推定されている[8]。また、永正15年(1518年)7月に小弓公方として自立した足利義明を、共に支援することで同意したために成立した伊勢(北条)・扇谷上杉両家の和睦がこの時期に破綻して、山内・扇谷両上杉家の同盟が成立し、さらに伊勢(北条)・扇谷上杉両勢力の境目にあった小机城一帯が直後に北条領になったと推定されることから、北条改姓は扇谷上杉家との関係破棄の一環として行われた、とする見方もある[9]

領国拡大編集

北条氏綱以降、北条氏康北条氏政北条氏直と小田原城を本拠に4代続いた。

氏綱の代に関東管領上杉氏、小弓公方、分裂した真里谷氏里見氏との対立が強くなり、第一次国府台合戦において小弓公方を滅ぼした。この功により古河公方との協調を深め婚姻関係で結び、後に「川越城の密約」による決裂までは大いに協調した。三浦浄心北条五代記』や[要検証]「北条氏康条書」(伊佐早文書所収)などでは氏綱は関東管領として古河公方を背景として勢力拡大の根拠としたとされ、この管領職が氏康、氏政に世襲され、山内家の家督と管領職を後継した越後長尾氏の出自である上杉謙信との対立となった。

氏康期の天文22年(1553年)には甲斐武田氏、駿河今川氏との甲相駿三国同盟が成立し、信濃において山内上杉家・越後長尾氏と敵対する武田氏とは協調して北関東・上野における領国拡大を進めた。永禄11年(1568年)末には武田氏の駿河今川領国への侵攻(駿河侵攻)によって三国同盟は破綻し、越相同盟締結に際して、謙信が義氏を古河公方と認めることにより北条家は謙信を山内家の後継者として認めることとなり、北条管領は消滅した。また、この際に北条氏に亡命した今川氏当主の今川氏真(正室は氏康の娘の早川殿)に迫って、氏政の子である国王丸(後の氏直)を養子として今川氏当主の座を譲らせたことによって駿河今川領国を支配する大義名分を得た。しかし、越相同盟は次第に形骸化し、国王丸を今川氏当主にして駿河を併合する計画も駿河を占領する武田軍に敗れたことで失敗に終わったため、氏真と国王丸の縁組は解消されている。

天文15年(1546年)の河越夜戦により扇谷家を滅ぼし山内家を越後に追放した後には関東公方足利氏を追って古河城を治めた。後に北関東方面では宇都宮氏結城氏佐野氏佐竹氏皆川氏那須氏小山氏太田氏、東には小弓公方、千葉氏小田氏、里見氏、武田氏(真里谷氏)、正木氏酒井氏、北武蔵・上野方面で由良氏(横瀬氏)、成田氏上田氏、上杉旗下だった大江流毛利一族の北條氏藤田氏長野氏三田氏などと、外圧となった関東管領上杉氏、長尾氏これらと同盟時に武田氏、今川氏、三浦氏に繋がり「会津守護」を称する蘆名氏、などと合従連衡の争いに明け暮れた。局所的な戦闘においては敗退することもあったが、着実に支配を広めた。

氏政が実権を掌握した元亀2年(1571年)には甲斐武田氏との甲相同盟を回復させるが、天正6年(1578年)の越後上杉家における御館の乱、武田と上杉氏の甲越同盟を期に甲相同盟を再び手切れとし、武田氏と敵対する徳川家康と結び、織田信長に接近し、氏直の嫁を織田氏から迎えようとしたが、縁組は実現しなかった。

天正10年(1582年)、武田攻めにより武田氏を滅ぼした後、織田氏は重臣の滝川一益を関東入りさせ、上野国を中心に主に北関東の諸侯がこれに従った。後北条氏は織田氏との同盟関係の維持を模索していたが、同年6月に本能寺の変が起き、信長が死亡すると、神流川の戦いで滝川を破り、織田氏の旧領を領有。甲・信・駿地方の領有を争い対立した徳川氏とは同年10月に和睦して同盟関係となったが、天正11年(1583年)以降、北関東で抗争を続け、織田政権を継承した豊臣氏と対立した。

天正14年(1586年)時点での勢力範囲は、伊豆・相模武蔵下総上総北半上野南半下野西半、駿河・常陸の一部に及んだ[10]

小田原合戦編集

小牧・長久手の戦い四国征伐九州征伐を経て日本をほぼ統一した豊臣秀吉に対して、北条家も他の大大名と同様に大名家の家格を維持すること、領民に手を出さないこと(民政不介入)を条件に恭順の意思を示していた。 しかし、天正17年(1589年)に上野国名胡桃において、かねてより真田家との間にあった領土紛争が拗れ、北条家家臣の猪俣邦憲が独断で真田家の名胡桃城を攻撃して、これを占領した(名胡桃城事件)。この事件は豊臣政権が諸大名家に対して私戦を禁止した惣無事令に背いたとされ、天正18年(1590年)に豊臣秀吉は諸大名を動員し小田原征伐を号令した。これによって戦国大名家としての後北条氏は滅亡することとなる。

この時点まで秀吉は明智光秀柴田勝家を滅ぼしたとはいえ、毛利長宗我部島津・徳川・織田といった大名家に対しては、領地削減などはあれどこれらを廃することなく処していた。徳川氏や島津氏・長宗我部氏などは、豊臣政権と一度は交戦に至ったものの、最終的な殲滅決戦が行われるより前に、当主が直接的に豊臣政権への忠誠を誓うことによって本領が安堵されている。ゆえに、豊臣政権が目指していたのは、北条氏らを滅亡させることではなく、あくまでも惣無事令の全国施行によって領土紛争に対する裁判権を豊臣が掌握することにより、全国の諸大名を支配することにあった、とする説もある。真田氏との領土紛争に際して秀吉は当初、仲裁者の立場に立っており、北条氏有利の裁定を下している[注釈 1]

小田原開城以後編集

小田原城開城の際、隠居の氏政および氏照は切腹、鉢形城で捕虜となった氏邦は出家となり前田利家に預けられた。当主の氏直は助命されて高野山に流された。謹慎は早々に解除され、大名待遇で大阪城下に屋敷を与えられ、また賄領1万石を給され、徐々に格式を回復しつつある最中の翌天正19年(1591年)、氏直は疱瘡にかかり、数え30の若さで死去した。氏直には男子がいなかったため、北条氏の家督は叔父の氏規に継承され、河内国狭山で7000石を拝領した。またその子氏盛も別に下野国内で4000石を拝領した。この氏盛が氏規の死後、父の遺領を併せて1万1000石の大名となり、河内狭山藩(藩庁は狭山陣屋)を立藩した。国持大名にこそはなれなかったものの、狭山藩北条氏は江戸時代を通じて存続した。また徳川家康が氏直の義父にあたることから、かつて同盟関係にあった家康が天下を取ると、縁故の数家が再興されている( → 詳細は「その後の後北条氏」節を参照)

維新後に狭山藩北条氏は華族に列し、華族令発布後は子爵に叙された。

系譜編集

凡例 - 実線は実子、点線は養子、太字は当主

後北条宗家および長綱系統編集

*早雲本人は北条を名乗っていないが、通常北条氏の初代と数える。

早雲
(伊勢盛時)1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏綱2
 
氏時
 
氏広
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長綱(幻庵)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏康3
 
為昌
 
氏尭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏隆
 
綱重
 
長順
 
三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏政4
 
氏照
 
氏邦
 
氏規
 
氏忠
 
氏秀
 
氏光
 
 
 
 
 
氏隆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏直5
 
源五郎
 
氏房
 
直重
 
直定
 
氏盛
 
氏則
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏盛
狭山藩主家へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


明治時代に、後北条氏の末裔を自称する元仙台藩士・桑島政貫が、氏直の子であるという北条氏次なる人物の墓碑を早雲寺に建立した。しかし、史実において氏直の子として確認されているのは女子2人のみであり[11]、氏次なる人物は氏直の子とは見られていない。

玉縄北条家編集

氏時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
為昌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱成
福島氏から
養子入り)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康成(氏繁)
 
康元(氏秀)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏舜
 
氏勝
 
氏成
 
直胤
 
繁広
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
繁広
 
氏明
 
氏重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏長(正房)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元氏(泰繁)
 
氏如
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏英
 
松前勝広
松前嘉広養子)
 
 
 
 
 
氏如
(元氏実弟)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏庸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏孝
(小川保願の子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏応
京極高甫の子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義氏
 
氏紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏興
板倉勝清の子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏乾
 
氏統
(北条氏紀養子)
 
渋川興紀
 
知恭
(赤松恭富の子)
 
氏泰
(八木補道の子)
 
氏統
(北条氏興の子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏征
 
乾晴
 
乾任
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏富
鳥居忠継の子、
初名:鳥居成美)
 


家紋編集

定紋の三つ鱗は執権北条氏に由来し、同じ桓武平氏惟将流氏族を称する伊勢氏、後北条氏ともに使用がある。後北条氏の三つ鱗は高さを低くした二等辺三角形を組み合わせてあり、これを特に「北条鱗」と称する。替紋は平家の「対い蝶(北条対い蝶)」「隅切り折敷に二文字」など。

評価編集

軍事面編集

早雲の代に上杉配下の幕僚だった太田道灌の発案という足軽の軍制を採用し、各城下に侍の屯所である根小屋と技術者保護のための職人町を築いて兵農分離をいちはやく志向した。冑類の生産は全国有数の規模で、鉄砲の導入にも積極的だった。

後北条氏は、小田原城を中心とした本城支城体制を確立した。各城には位が付けられ、城主には勲功によって昇格や降格、配置換えを行うという近代的な制度だった。

最盛期の後北条氏には、10万の軍勢の動員をも可能とした戦力があった。この軍事上の優越とともに、東北の伊達政宗、東海の徳川家康、中部の織田信雄、四国の長宗我部元親などとの外交上の連携をもって、後北条氏は関東自立を目指していた。

内政面編集

後北条氏は内政に優れた大名として知られている。早雲以来、直轄領では日本史上最も低いと言われる四公六民の税制をひき、代替わりの際には大掛かりな検地を行うことで増減収を直に把握し、段階的にではあるが在地の国人に税調を託さずに中間搾取を排し、また飢饉の際には減税を施すといった公正な民政により、安定した領国経営を実現した。江戸期に一般化する村請制度のさきがけと言える。

また、家督を継承するにあたっては、正室を重んじることにより、廃嫡騒動やそれに起因する家臣団の派閥化といった近隣諸国では頻繁に見られる内部抗争や離反を防ぐことに成功。さらにその結果として宗家のほとんどが同母兄弟となり、その元に構成された一門と家臣団には強い絆が伴った。ただし、近年の研究では系譜上は正室の子とされていた者が実際には側室の子であったことが判明しているケースも多いことに注意を要する(北条氏邦千葉直重など)。

東国において、古河足利氏、両上杉氏、佐竹氏など血統を誇って同族間での相克を繰り返し国人の連合を戦力とした旧体制に対して、定期の小田原評定による合議制や虎の印判による文書官製など創業時の室町幕府系家臣団由来による制度の整った官僚制をもって力を蓄えた。飢饉の年には家督を代替わりすることによって徳政令を出すという施政も見受けられた。

その後の後北条氏編集

  • その後、後北条家当主の座を継いだ息子の雋八創価学会の推薦を受けて参議院議員となり、公明党結成に参加した。その甥(氏恭の孫)のも公明党の参議院議員を務めた後、創価学会の第4代会長となった。
  • 傍系の北条綱成の子孫で鎌倉衆を束ねていた氏勝は、小田原征伐の際に守城の玉縄城を開城し降伏した、以後は徳川家康の家臣として仕え、下総国岩富に所領を与えられた。関ヶ原の合戦においても功績を重ね、岩富藩は1万石の譜代大名となった。氏勝は養嗣子として武田氏旧臣の保科氏から氏重を迎えた。氏重はその後、下野富田藩遠江久野藩 → 下総関宿藩駿河田中藩 → 遠江掛川藩と加増移封され、最大で3万石を領するようになったが、無嗣廃絶となった。氏重には女子が5人いたが、うち大岡氏に嫁いだ四女の子に、後に名奉行として謳われた大岡忠相がいる。
  • 氏勝の甥にあたる氏長は4歳で召し出され、幕臣として500俵で登用された後は職を歴任し大目付となり、2千石を超える大身旗本となった。子孫も功績を重ね最終的に3千400石余の旗本として存続した。
  • 氏直の弟の直重は、千葉邦胤の養子となって千葉直重と名乗っていた。小田原征伐では千葉氏を率いて小田原城に籠城した。合戦後は妻と離別して兄の氏直に従い高野山に隠棲し、のち阿波蜂須賀氏に仕官した。その後苗字を大石 → 伊勢 → と改めながら、幕末まで続いた。
  • 北条氏忠の正室[12]と娘の姫路は毛利輝元に預けられ、のちに長門国に知行1000石を与えられた。正室の死後、輝元の家臣の出羽元盛[13]の次男が姫路の婿となり北条就之と名乗った。この家系は江戸時代を通じて長門国萩藩士として存続し、幕末には大坂留守居役北条瀬兵衛(伊勢氏華)・北条源蔵(伊勢煥。幕府咸臨丸の訪米団に参加した。)の兄弟を出した。
  • 北条氏光の子の北条氏則(-1636)は、小田原落城後は母や姉と共に京都大徳寺に蟄居した。氏則の娘は北条氏長に嫁いでいる。

その他の旧家臣団の多くは徳川氏に引き継がれ、関東直領の経営を支えたほか、各大名家にも多くの人物を出した。


系譜編集

凡例 - 実線は実子、点線は養子、太字は当主

  • 狭山藩主家
氏盛1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏信2
 
氏利
 
氏重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏宗3
 
氏治
 
氏清
 
氏澄
 
氏朝
 
氏成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏治4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏朝5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏貞6
 
民部
 
氏副
 
氏従
 
氏比
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏彦7
 
正喬
 
氏格
 
恭順
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏昉8
 
氏幹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏喬9
 
氏迪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏久10
 
氏燕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏燕11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏恭12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

主な一族編集

数字は当主継承順位

主要家臣編集

御由緒家

御家中衆

御馬廻衆

足軽衆

忍者

水軍

伊豆衆

小田原衆

三崎衆

玉縄衆

津久井衆

小机衆

江戸衆

江戸衆←伊豆衆

滝山衆

松山衆

鉢形衆

影響下

後北条氏の主な城編集

家臣団編集

カッコ内は人数

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、この強引な仲裁がのちの名胡桃城事件の伏線となったことも否めない。

出典編集

  1. ^ 六巻本『北条記』巻2(4)早雲蜂起之事『北条史料集』21頁
  2. ^ 六巻本『北条記』巻2(4)『北条史料集』22頁
  3. ^ 栗原信充『先進繍像 玉石雑志』続編巻5
  4. ^ 黒田 2012, pp. 72–75.
  5. ^ 黒田 2013, pp. 16–17, §. 伊勢宗瑞論.
  6. ^ 黒田 2016, pp. 8–12, §. 北条氏綱論.
  7. ^ 佐々木 2008, p. [要ページ番号], §. 相模府中小田原の構造.
  8. ^ 佐脇 1997, p. [要ページ番号], §. 北条氏綱と北条改姓.
  9. ^ 黒田 2016, pp. 16–19, §. 北条氏綱論.
  10. ^ 斎藤 2005, p. 132 図.
  11. ^ 黒田 2005, p. 212.
  12. ^ 佐野宗綱の娘
  13. ^ 出羽元祐の孫
  14. ^ 純長の養子入りの際に伊丹氏から付けられた家臣の一人、とされるので、それまでは伊丹氏の家臣であった可能性もある。
  15. ^ 『新編 大村市史』第五巻付録 諸氏系図

参考文献編集

  • 大塚勲 『今川義元 ー 史料による年譜的考察』 [要文献特定詳細情報] 
  • 黒田基樹 『戦国 北条一族』 新人物往来社、2005年。ISBN 440403251X 
  • 黒田基樹、黒田基樹編 『戦国北条氏五代』 戒光祥出版〈中世武士選書 8〉、2012年。ISBN 9784864030564 
  • 黒田基樹 「伊勢宗瑞論」、黒田基樹編 『伊勢宗瑞』 戒光祥出版〈シリーズ・中世関東武士の研究 第一〇巻〉、2013年。ISBN 978-4-86403-071-7 
  • 黒田基樹 「北条氏綱論」、黒田基樹編 『北条氏綱』 戒光祥出版〈シリーズ・中世関東武士の研究 第二一巻〉、2016年、8-12頁。ISBN 978-4-86403-200-1 
  • 斎藤慎一 『戦国時代の終焉 : 「北条の夢」と秀吉の天下統一』 中央公論新社中公新書 1809〉、2005年。ISBN 4121018095 
  • 佐々木健策 「相模府中小田原の構造」、浅野晴樹; 齋藤慎一編 『後北条氏』 高志書店〈中世東国の世界 3〉、2008年。ISBN 978-4-86215-042-4 
  • 佐脇栄智 「北条氏綱と北条改姓」 『後北条氏と領国経営』 吉川弘文館、1997年。ISBN 4642027548 
  • 下山治久編 『後北条氏家臣団人名辞典』 東京堂出版、2006年。 
  • 北条早雲史跡活用研究会編 『奔る雲のごとく : 今よみがえる北条早雲』 北条早雲フォーラム実行委員会、2000年1月。 NCID BA47285214 
  • 盛本昌広「間宮氏由緒の形成」『六浦文化研究』10号、六浦文化研究所、2001年。
  • 横浜市歴史博物館編 『蒔田の吉良氏』 公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団、2014年。 

関連項目編集

外部リンク編集