笠谷村

日本の石川県河北郡にあった村

笠谷村(かさだにむら)は、石川県河北郡に存在した村。

かさだにむら
笠谷村
廃止日 1954年3月31日
廃止理由 新設合併
津幡町、中条村、井上村、笠谷村、英田村 → 津幡町
現在の自治体 津幡町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
河北郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 3,374
(1953年)
隣接自治体 石川県:河北郡津幡町中条村倶利伽羅村英田村富山県西礪波郡石動町
笠谷村役場
所在地 石川県河北郡笠谷村倉見
座標 北緯36度41分35秒 東経136度46分42秒 / 北緯36.693度 東経136.77831度 / 36.693; 136.77831座標: 北緯36度41分35秒 東経136度46分42秒 / 北緯36.693度 東経136.77831度 / 36.693; 136.77831
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

江戸時代には笠野郷といわれていた地域で、その笠野郷の山間の地域は笠野谷といわれていた。笠野谷の中略形の名称を村名とした。

地理編集

  • 現在の津幡町の南東部。東側は富山県と境を成す。村の大部分が200m前後の丘陵地で、津幡川などの川による谷に沿っていた村であった。
  • 現在は倉見、岩崎の地内を津幡北バイパスが東西に通る。
  • 川:津幡川、吉倉川、笠野川
  • 山:城の峰 (189m)
  • 温泉:倉見温泉

歴史編集

関連項目編集