丘陵

なだらかな起伏や小山の続く地形

丘陵(きゅうりょう)とは、なだらかな起伏や小山()の続く地形。ただし、形態的には非常に広汎な地形を含んでおり、地形学的に明確に定義されているわけではない[1]

概要編集

地形の形態のうち台地、丘陵、山地については、分類や地形発達段階の位置づけについて議論があるが定義は曖昧である[1]

『地形学辞典』(1981年、朝倉書店)や地学団体研究会編『新版地学辞典』(1996年、平凡社)などによる一般的な定義では、台地や低地の周囲や山地の前縁に位置する平野と山地の中間的な地形をいうとされている[1]。しかし、これらの定義は「多分に慣用的かつ感覚的」といわれている[1]

谷密度と起伏量を指標とする丘陵の定義も提案されており、起伏量80m以下の平頂丘陵と起伏量80m以上の稜線丘陵に分ける研究もある[1]

主な丘陵編集

南北アメリカ編集

 
テキサス・ヒル・カントリー

ユーラシア編集

オセアニア編集

日本編集

脚注編集

外部リンク編集