笠 青峰(りゅう せいほう、1937年 - )は日本画家福岡県北九州市出身。福岡市在住。藤田隆治に師事。

1967年サンフランシスコ「動」画廊で初個展
1996年、アトリエを湯布院に移す。
」、「富士」等「日本」に根ざした豊かな自然を題材に、四季の季節感を生かした作品を描く。「桜」は沖縄から北海道まで「桜」を描き続けているシリーズである。
日本表現派委員。