メインメニューを開く

藤田 隆治(ふじた りゅうじ、1907年4月13日 - 1965年1月28日)は、日本画家

オリンピック
男子 芸術競技
1936 ベルリン 絵画

人物編集

山口県豊浦郡豊北町(現在の下関市)に生まれる。高島北海野田九甫に師事する。革新日本画会青竜社展新文展に入選。1934年吉岡堅二らと新日本画研究会を結成。

 
「アイスホッケー」(1936)

1936年ベルリンオリンピック芸術競技絵画部門に作品「アイスホッケー」で参加し銅メダルを獲得。同作品はナチスに買い上げとなりその後の行方については明らかではない。弟子の笠青峰が復元を試みた際の資料によるとモデルとなったアイスホッケー選手は慶應義塾大学王子製紙の選手だという。

1938年新美術人協会を結成。

その後、北九州市に移り創作を続ける。佐賀大学講師も務めた。

関連項目編集