メインメニューを開く

第一海軍卿(だいいちかいぐんきょう、First Naval Lord(1771年 - 1868年)First Sea Lord(1868年 -))は、イギリス海軍における武官の最高のポストである[注釈 1]

第一海軍卿
兼海軍参謀総長
(1SL/CNS)[1]
Naval Ensign of the United Kingdom.svg
イギリス王立海軍旗
Admiral Sir Philip Jones (USNavy Royal Navy Japan Maritime Self-Defence Force).jpg
現職者
サー・フィリップ・ジョーンズ大将

就任日 2016年4月
イギリス国防省
上官 en:Chief of the Defence Staff (United Kingdom)アメリカ軍統合参謀本部議長に相当)
指名者 イギリス国防大臣
任命者 イギリス首相
初代 ジョン・アーバスノット・フィッシャー元帥
ウェブサイト 公式サイト

目次

概要編集

1771年にファースト・ネーバル・ロード (First Naval Lord) が設けられ、1868年にファースト・シー・ロード (First Sea Lord) と改称されたが、役割は同じであり、日本語では両者とも第一海軍卿と訳される。ファースト・ロード (First Lord of the Admiralty) が「第一海軍卿」と訳されることもあるが、こちらは「海軍大臣」或は「海軍卿」と訳されるのが一般的であり、「第一海軍卿」と表記されていれば通常「ファースト・ネーバル・ロード」又は「ファースト・シー・ロード」のことを指す[2]。政治家と幹部級の官僚及び軍人で構成される海軍本部委員会 (Admiralty Board) の一員であり、同委員会に於ける制服組のトップである。大日本帝国海軍軍令部総長アメリカ海軍海軍作戦部長に相当する。1964年に海軍省、陸軍省、航空省が国防省に統合されることとなり、海軍本部も国防省に吸収されたが、第一海軍卿の役職名は維持された。

2017年現在、第一海軍卿は、en:Chief of the Defence Staff (United Kingdom)を長とするen:Chiefs of Staff Committee(それぞれ、アメリカ軍統合参謀本部議長統合参謀本部に相当)のメンバーであり、国防相首相を補佐する。

2017年現在、第一海軍卿を筆頭とする、イギリス海軍の首脳(Senior Naval Staff)は下記の通りである[3]

  • First Sea Lord & Chief of Naval Staff:(第一海軍卿)
  • Second Sea Lord and Deputy Chief of Naval Staff:(第二海軍卿。人事・装備・インフラストラクチャーを管掌)
  • Fleet Commander:(艦船の造修を管掌)
  • Chief of Fleet Support:(補給を管掌)

歴代第一海軍卿編集

 
サー・トマス・ハーディ(1830年-1834年)

ファースト・ネーバル・ロード(1771年-1868年)編集

ファースト・シー・ロード(1868年-1964年)編集

 
ルイス・マウントバッテン(1955年-1959年)

ファースト・シー・ロード(First Sea Lord) 1964年-編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ イギリス軍における武官の最高のポストであるen:Chief of the Defence Staff (United Kingdom)に就任する場合もある。

出典編集

  1. ^ Admiralty: Office of the First Sea Lord, later First Sea Lord and Chief of the Naval Staff: Correspondence and Papers”. discovery.nationalarchives.gov.uk. The National Archives. UK. 2017年2月6日閲覧。
  2. ^ 小林 p36-37
  3. ^ FIRST SEA LORD | ROYAL NAVY”. イギリス海軍. 2018年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月6日閲覧。
  4. ^ First Sea Lord and Chief of Naval Staff”. イギリス国防省. 2012年4月8日閲覧。
  5. ^ “Admiral Sir Mark Stanhope In Farewell To The Royal Navy” (英語) 第一海軍卿の交代式典について報じるイギリス海軍のニュースリリース。2013年4月9日掲載、2013年4月28日閲覧。

関連文献編集