第158合同任務部隊

第158合同任務部隊(だい158ごうどうにんむぶたい、Combined Task Force 158、CTF-158)は、イラク戦争の後、2006年11月の国際連合安全保障理事会決議1723英語版に基づき、2009年まで合同海上部隊の1つとしてペルシア湾の北部・イラク領海石油プラットフォームの警備など海上治安活動を任務とした多国籍海上部隊であり、新イラク海軍・イラク海兵隊の建設を支援しつつ、アメリカ海軍アメリカ沿岸警備隊オーストラリア海軍イギリス海軍など各国の海軍が人員や艦艇を拠出して編成され、アメリカ軍の中で中東を担当するアメリカ中央軍の隷下にある、アメリカ中央海軍英語版第5艦隊(同一人が司令官を兼任)が実務を担った。

2009年にイラク海上合同任務部隊英語版に改称し、2011年一杯をもって正式に解散された。

関連項目編集

脚注編集


外部リンク編集