メインメニューを開く

第16軍(だい16ぐん、Deutsche 16. Armee)は第二次世界大戦時のドイツ軍の部隊である。

第16軍
創設 1941年1月15日
廃止 1945年4月18日
所属政体 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
所属組織 ドイツ国防軍陸軍
部隊編制単位
担当地域 フランス
東部戦線
主な戦歴 フランス侵攻
東部戦線
テンプレートを表示

歴史編集

設立後、第16軍はフランス侵攻に参加した。その後、ソビエト連邦侵攻作戦であるバルバロッサ作戦が発動されると、第16軍は北方軍集団に所属した。

1942年1月、第16軍はレニングラード南方のノブゴロド州デミヤンスクで包囲され(デミヤンスク包囲戦)、撤退路を確保するために戦った。しかし、ドイツ総統アドルフ・ヒトラーは撤退を禁じ、1942年4月、退路が確保するまで第16軍の補給は空路に頼っていた。その後、レニングラード包囲戦に参加したが、1944年1月、ソビエト赤軍の反撃に直面した。

1944年2月19日、ソビエト第3バルト方面軍はホルム(Kholm)周辺で第16軍を攻撃する位置まで進撃した。ソビエト第22軍は最初の攻撃で第16軍を撃破、著しい進撃を見せ、第16軍は大損害を負った。

1944年夏、ソビエト赤軍がバグラチオン作戦を発動、第16軍は第18軍と共に、クールラント半島に閉じ込められることとなり、終戦までそこに留まることとなった。その後、第16軍は所属しているクールラント軍集団と共にソビエト赤軍に降伏したが、将兵約180,000名が捕虜となり、強制収容所へ送られ、そのほとんどが帰ることはなかった。

司令官編集

着任 離任 階級(当時) 氏名
1940年1月 1943年10月12日 元帥 エルンスト・ブッシュ
1943年10月12日 1944年6月1日 砲兵大将 クリスティアン・ハンセン
(Christian Hansen)
1944年6月1日 1944年9月3日 歩兵大将 パウル・ラウクス
(Paul Laux)
1944年9月3日 1945年3月10日 上級大将 カール・ヒルペルト
(Carl Hilpert)
1945年3月10日 1945年3月16日 歩兵大将 エルンスト=アントン・フォン・クロージク
(Ernst-Anton von Krosigk)
1945年3月16日 1945年5月8日 山岳兵大将 フリードリヒ=ヨープスト・フォルカマー・フォン・キルヒェンジッテンバッハ
(Friedrich-Jobst Volckamer von Kirchensittenbach)[1]

脚注編集