山岳兵大将 (ドイツ語: General der Gebrigstruppe) はナチス・ドイツ時代のドイツ国防軍に存在した階級である。山岳兵部隊の兵科大将であり、1940年に設けられた。現在のNATO階級符号ではOF-8に相当する。

山岳兵大将
(General der Gebirgstruppe)
ドイツ陸軍における階級章

階級および階級章編集

この階級は、古くからあった騎兵大将砲兵大将歩兵大将と同格で、ドイツ国防軍では他に装甲兵大将工兵大将降下猟兵大将通信兵大将も置かれていた。

山岳師団 (山岳猟兵) の将官は、袖章と帽章にあしらわれたエーデルヴァイス山岳帽で容易に識別できた。1942年10月には、他の階級の者と容易に区別できるよう、将官の山岳帽には金のパイピングを施すことが定められた。

ギャラリー編集

山岳兵大将の一覧編集

脚注編集

  • Reinhard Stumpf: Die Wehrmacht-Elite. Rang- und Herkunftsstruktur der deutschen Generale und Admirale 1933–1945. Harald Boldt Verlag, Boppard am Rhein, 1982. 3-7646-1815-9.