第2次シュレーダー内閣

ゲアハルト・シュレーダーを首班とするドイツ連邦共和国の内閣

第2次シュレーダー内閣(だい2じシュレーダーないかく ドイツ語: Kabinett Schröder II)は、2002年10月22日に就任したゲアハルト・シュレーダーに率いられたドイツ政府である。この内閣は2002年の選挙後に組閣され、2005年ドイツ連邦議会選挙後に組閣された第1次メルケル内閣に役割を引き継いだ。

閣僚編集

役職 画像 Incumbent 政党
連邦首相   ゲアハルト・シュレーダー SPD
副首相,
外務大臣
  ヨシュカ・フィッシャー Grüne
内務大臣   オットー・シリー SPD
司法大臣   ブリギッテ・ツィプリース SPD
財務大臣   ハンス・アイヒェル SPD
経済・労働大臣   ヴォルフガング・クレメント SPD
食品・農業・消費者保護大臣   レナーテ・キューナスト
2005年10月4日まで
Grüne
  ユルゲン・トリッティン
2005年10月4日以降
Grüne
国防大臣   ペーター・シュトルック SPD
家族・老人・女性・青少年大臣   レナーテ・シュミット SPD
保健・社会保障大臣   ウラ・シュミット SPD
交通・建設・都市開発大臣   マンフレート・シュトルペ SPD
環境・自然保護・原子炉安全大臣   ユルゲン・トリッティン Grüne
教育・研究大臣   エーデルガルト・ブルマーン SPD
経済協力大臣   ハイデマリー・ヴィーチョレック=ツォイル SPD


脚注編集