第20次長期滞在(だい20じちょうきたいざい、Expedition 20)は、国際宇宙ステーションへの20回目の長期滞在である。2009年5月27日10:34EDTにソユーズTMA-15バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた[1]。2009年5月29日にISSとドッキングし、公式に第19次長期滞在から第20次長期滞在に引き継がれた[2]

第20次長期滞在
徽章
コールサイン Expedition 20
乗組員数 6名
打上げ日 2009年5月27日10:34UTC[1]
打上げ地点 カザフスタンバイコヌール宇宙基地
打上げ機 ソユーズTMA-14STS-127ソユーズTMA-15STS-128
帰還日 2009年10月11日
宇宙遊泳時間 4時間54分(EVA1)、12分(EVA2)
ミッション期間 5ヶ月間

前:ディビュナー、パダルカ、ロマネンコ
後:サースク、バラット、ストット、コプラ、若田光一
前回 次回
第19次長期滞在 第21次長期滞在

第20次長期滞在は、6人がステーションで生活する初めての長期滞在である。6人で居住するために、乗組員は2機のソユーズTMAで別々に飛来した。ソユーズTMA-14は2009年3月26日に第19次長期滞在の乗組員を運び、ソユーズTMA-15は2009年5月27日に打ち上げられた。

ゲンナジー・パダルカは、6人での長期滞在の初めての機長であり、連続した2つの長期滞在で初めて連続して機長を務める。ニコール・ストットスペースシャトルで打ち上げられた最後の長期滞在乗組員となった。

若田光一は、匂いのつかない下着の実験をするため、1ヶ月間下着を洗わずに同じものをはき続けた。[3]

乗組員 編集

職務[4] 第1期
(2009年5月-7月)
第2期
(2009年7月-8月)
第3期
(2009年8月-10月)
船長 ゲンナジー・パダルカ, RSA
(3度目の飛行)
フライトエンジニア1 マイケル・バラット, NASA
(初飛行)
フライトエンジニア2 若田光一, JAXA
(3度目の飛行)
ティモシー・コプラ, NASA
(初飛行)
ニコール・ストット, NASA
(初飛行)
フライトエンジニア3 フランク・ディビュナー, ESA
(2度目の飛行)
フライトエンジニア4 ロマン・ロマネンコ, RSA
(初飛行)
フライトエンジニア5 ロバート・サースク, CSA
(2度目の飛行)

バックアップ 編集

出典 編集

  1. ^ a b NASA HQ (2009年5月24日). “Expedition 20 Crew Launches from Baikonur”. NASA. 2009年6月4日閲覧。
  2. ^ NASA HQ (2009年5月29日). “Expedition 20 Crew Docks with Space Station”. NASA. 2009年6月4日閲覧。
  3. ^ http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8177743.stm
  4. ^ NASA HQ (2008年). “NASA Assigns Space Station Crews, Updates Expedition Numbering”. NASA. 2008年11月21日閲覧。

外部リンク 編集