第4防空第3大隊第18砲兵旅団傘下、対空ミサイル装備の防空部隊である。第18砲兵旅団に対する空中からの脅威から部隊を守る任務が与えられている。

装備はMIM-72チャパラルからはじまりM113バルカン、初期ペイトリオットランチャーを経て現在はペイトリオットPAC-3を装備している。

部隊自体は第108対空防衛旅団傘下だが、第18砲兵旅団が18th Fires Brigadeとして第82空挺師団に置かれた時にアタッチされ、現在にいたる。