メインメニューを開く

第6ポールスタービル火災とは、1973年5月28日新宿区歌舞伎町で発生したビル火災。

概要編集

1973年5月28日午前10時ごろ、ビル4階のクラブ「キャステル」から出火。5階にいた男性が死亡したが、怪我人は出なかった[1]

ビルの概要編集

1958年2月に、アサヒビヤセンターとして竣工。1971年に第6ポールスタービルと改称した。地上8階、地下3階(中地下2階も含む)と塔屋(PH)が2階あった。そのうちPHはエレベーター機械室であった。

ビルテナント編集

ビルには以下のテナントが出店していた[2]

  • 地下1階:バー
  • 1-3階:銀行
  • 4-5階:ゴーゴークラブ「キャステル」
  • 6階:バー
  • 7階:麻雀、バー
  • 8階:ビヤホール

経緯編集

タバコの火が椅子に引火。そのあと床の絨毯やウレタンに延焼した。また初期消火もされていなかった[2]

7階にあった麻雀屋のアルバイトが排気口から白煙を発見。8階を点検したが火はなく、7階に戻るとさらに煙が充満していた。隣にあったコンパで女子事務員3名と話をしながら点検していたところ都市ガスメーター付近から煙が上がっていることを確認した[3]

麻雀屋のアルバイトの指示により女子事務員1名が119番通報をし、4名は停電していなかったことからエレベーターで避難した。だが上部のファン[4]から煙が入っていたと証言。

4-5階は可燃物などが置かれ燃えやすい構造となっていた。さらに煙が濃く、消火は困難を極めた[3]

7階の4人はエレベーターで避難した。また3階の銀行で会議をしていた13人は煙が充満することと、ベルが鳴ったために客や他の従業員を避難させ、表のシャッターを半開きにして消防隊が通行しやすくした[5]

ビルのその後編集

現在も存在し、1階にはファミリーマートが入居している。建物は外壁パネルが貼られ、新築のようにリニューアルされている[6]

脚注編集

  1. ^ "特異火災事例 第6ポールスタービル" (PDF). 消防防災博物館. 一般財団法人 消防防災科学センター. p. 1. Retrieved 2019-09-08.
  2. ^ a b "特異火災事例 第6ポールスタービル" (PDF). 消防防災博物館. 一般財団法人 消防防災科学センター. p. 2. Retrieved 2019-09-08.
  3. ^ a b "特異火災事例 第6ポールスタービル" (PDF). 消防防災博物館. 一般財団法人 消防防災科学センター. p. 3. Retrieved 2019-09-08.
  4. ^ エレベーターのかごには、上部に換気のためのファン(換気扇もしくは扇風機)を取り付けているものがある。
  5. ^ "特異火災事例 第6ポールスタービル" (PDF). 消防防災博物館. 一般財団法人 消防防災科学センター. p. 4. Retrieved 2019-09-08.
  6. ^ "第6ポールスタービル". Google Map. Google. Retrieved 2019-09-08.

関連項目編集