メインメニューを開く

筑登之親雲上(ちくどぅんぺーちん)は、琉球王国位階および称号。位階は従七品で、領地(采地)は有しない。いわゆる下級士族である。

琉球士族は、大きく分けて領地を有した殿内(とぅんち)、領地を有しない里之子家(里之子筋目)、筑登之家(筑登之筋目)に分かれる。筑登之親雲上はもっぱら筑登之家の者が昇進してなった。冠は黄冠をかぶり、銀簪を挿した。

筑登之家の者は、子 → 筑登之 → 筑登之親雲上 → 親雲上と出世していく。親雲上(ペークーミー)は地頭職で領地を有したが、筑登之家の者がここまで出世するのはまれであり、大抵は筑登之親雲上にとどまった。筑登之家は琉球士族の大半を占め、そのほとんどは無禄士族であり、一握りの者だけが難関の科(コー、科挙)に合格して、王府に勤め俸禄をもらうことができた。

関連事項編集