篠崎 桂之助(しのざき けいのすけ、嘉永5年5月15日1852年7月2日) - 1876年9月25日)は日本プロテスタント日本基督公会の創立者の一人。

篠崎 桂之助
生誕1852年7月2日
駿河国
死没1876年9月25日(1876-09-25)(24歳)
横浜市
職業伝道者

生涯編集

1852年駿河国に生まれた。神道大成教の創立者平山省斎の元で漢学を学ぶが、1870年ジェームズ・バラの元で英語を学ぶ。漢訳の聖書を読んで、1872年押川方義と共に洗礼を受けた。日本最初のプロテスタント教会である日本基督公会の有力な信徒として活躍する、信徒伝道者として上田にも派遣された。しかし、肺結核で24歳で死去する。

参考文献編集

  • 「クリスチャン情報ブック2006」

関連項目編集