メインメニューを開く

精進川低地(しょうじんがわていち)は、愛知県名古屋市の低地地形。

概要編集

幅は東西約1.5キロメートル[1]新堀川の前身にあたる精進川が台地を浸食したものではなく、かつてこの地を流れていた矢田川が形成した谷と考えられる[1]。また、断層により形成されたとする説もある[1]。地質としては、新出来町の近辺に鶴舞公園の近辺には砂利層が確認されている[1]

脚注編集

参考文献編集

  • 『大正昭和名古屋市史 地理篇』名古屋市、1955年7月1日(日本語)。