紀尾井ホール室内管弦楽団

紀尾井ホール室内管弦楽団(きおいホールしつないかんげんがくだん、Kioi Hall Chamber Orchestra Tokyo)は、1995年にオープンした東京都千代田区紀尾井町紀尾井ホールレジデントオーケストラ。2017年以前は「紀尾井シンフォニエッタ東京」と称した。

設立時から尾高忠明が首席指揮者を務めた(現桂冠名誉指揮者)。現在は(公財)日本製鉄文化財団により運営されており、年間5回10公演で定演を実施している。

2000年にはオランダ、オーストリア公演、2005年にはドレスデン音楽祭のレジデントオーケストラとして招かれた。日本を代表する室内オーケストラの1つである。

2017年4月より、名称を現行の「紀尾井ホール室内管弦楽団」に改称。同時に、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターのライナー・ホーネックが首席指揮者に就任した[1][2]

脚注編集

  1. ^ 紀尾井ホール室内管弦楽団について”. 紀尾井ホール. 2020年11月20日閲覧。
  2. ^ ライナー・ホーネック 首席指揮者任期延長のお知らせ”. 紀尾井ホール. 2020年11月20日閲覧。

外部リンク編集