メインメニューを開く

紀 真丘(き の まおか)は、平安時代初期から前期にかけての貴族官位従五位下河内守

 
紀真丘
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下河内守
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇
氏族 紀氏
テンプレートを表示

経歴編集

承和14年(847年従五位下に叙される。嘉祥2年(849年長門守に任ぜられた後、但馬権介・但馬介・上野介仁明朝末から清和朝初頭にかけて地方官を歴任した。

貞観7年(865年諸陵頭として京官に遷るが、散位を経て、貞観11年(869年)河内守に任ぜられ再び地方官を務めている。

官歴編集

六国史』による。

参考文献編集