紅児会(こうじかい)とは、明治期に結成された大和絵日本画家の研究団体である。

概要編集

1898年(明治31年)頃、小堀鞆音門下の安田靫彦磯田長秋小山栄達らが結成した紫紅会に、1900年(明治33年)松本楓湖門下の今村紫紅が加わり名前を紅児会に改め発足した。

1902年(明治35年)7月に東京日本橋常盤木倶楽部で第1回展を開く。

その後、小林古径前田青邨速水御舟(当時は禾湖の号を使用)等、新鋭画家が次々と入会し、主に歴史画を中心とした意欲的な研究活動と作品の発表を続ける。その活動は画壇に新風を送り込むと共に、大きな注目を受けた。

1913年大正2年)8月、安田靫彦の発議により第19回展を最後に盛況のまま解散した。

解散後、会員の多くは再興された日本美術院に参加し、中心画家として活躍した。

会員(上記以外)編集