メインメニューを開く

細川 義俊(ほそかわ よしとし)は、鎌倉時代武士細川義季の子。

 
細川義俊
時代 鎌倉時代
生誕 不明
死没 不明
氏族 細川氏
父母 父:細川義季
義有義久俊氏宗義など

略歴編集

父・義季が孫(義俊の子)である俊氏ら兄弟を養子にしていることから、義俊自身は早世したものと推測されている。鎌倉時代の細川氏は三河国の零細御家人の一人であったことから、歴代当主の動静はほとんど判明していない。

細川氏の有力庶家であり、土佐国守護代などを務めた細川遠州家十市細川家は、義俊の子の宗義の子孫の系統とされている。ちなみに、戦国時代の武将・池頼和は十市細川家の血を引く人物である。

系譜編集