メインメニューを開く

細川 隆是(ほそかわ たかよし)は、戦国時代武将大内氏足利将軍家の家臣。官位宮内少輔

 
細川隆是
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄8年5月19日1565年6月17日
官位 宮内少輔
主君 大内義隆足利将軍家
氏族 細川氏
父母 父:細川是久
テンプレートを表示

略歴編集

細川氏の一族とされるが、詳しい系譜は不明である。父・細川是久(よしひさ、?-1543、宮内少輔)の代から大内氏に仕えており、元服時に主君・大内義隆偏諱を受けて隆是と名乗る。

天文12年(1543年)、義隆の養嗣子・大内晴持の陣没に関連して父・是久が亡くなった(晴持と同じく溺死か)のに伴い、家督を継承したものと推測される。

天文20年(1551年)、大寧寺の変で義隆が自刃すると、山口を離れて京都へ移り、本家筋の足利将軍家(当時の将軍は足利義輝)に臣従。

その後、永禄8年(1565年)に起きた永禄の変で義輝が亡くなると、近侍していた隆是もこれに殉じて自害した。

外部リンク編集