メインメニューを開く

細谷 恒夫(ほそや つねお、1904年7月6日 - 1970年8月17日)は、日本の教育哲学者東北大学名誉教授ディルタイフッサールを研究。

目次

来歴編集

山形県出身。1929年東京帝国大学文学部教育学科卒。広島高等学校(旧制)教授東北帝国大学助教授、1943年教授。東北大学教授、67年定年退官、名誉教授、山形大学長。

著書編集

  • 『ディルタイ ナートルプ』岩波書店 1936 大教育家文庫
  • 『認識現象学序説』岩波書店 1936 
  • 世論と教育』民主教育協会 1956 IDE教育選書
  • 『教育の哲学 人間形成の基礎理論』創文社 1962

編著編集

翻訳編集

  • ナトルプ『フッセルの「純粋現象学考案」』岩波書店 1932 
  • フッサール『ヨーロッパの学問の危機と先験的現象学』、中央公論社世界の名著」1973、新版中公バックス
    • 『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』 木田元共訳、中央公論社 1974 中公文庫 1995

参考編集

  • デジタル版日本人名大事典:[1]