メインメニューを開く

終りなき戦い』(おわりなきたたかい、The Forever War)は、ジョー・ホールドマンSF小説。作者自身のベトナム戦争への従軍体験を元に、異星人との星間戦争と兵士たちを置き去りにして変化していく社会を描いている。『宇宙の戦士』と並ぶ戦争SFの傑作として知られる。

1972年から『アナログ』誌上で連載された。連作短編であったが、1974年に長編にまとめられ出版された。1975年ネビュラ賞1976年ヒューゴー賞ローカス賞を受賞した。

1997年に、共通したテーマを持つが独立した作品『終わりなき平和』(Forever Peace)が、1999年にマンデラとメアリイゲイとのその後を描いた続編『終りなき自由』(Forever Free:日本語未訳)が発表されている。

目次

あらすじ編集

超光速航法「コラプサー・ジャンプ」を発見した人類は、その活動の幅を宇宙へと大きく広げていた。だが謎の異星人に宇宙船を攻撃されたことに端を発し、トーランと呼ばれるこの異星人との戦争に突入していくことになる。その中にあって、エリート徴兵法により徴兵された主人公のウィリアム・マンデラは、苛酷な訓練を受けトーランとの戦いに赴く。一つの戦いから帰還するたびにウラシマ効果によって数十年が経過し、家族や知人は次々と世を去り、地球の社会や言語そのものまでが大きく変容していく。そして戦友であり恋人でもあるメアリイゲイとの別れ。全てを時の彼方に失いながら、マンデラは何世紀にもわたりトーランと戦い続け、いつの間にか少佐として一部隊を率いる身となり、彼らとの「ジェネレーションギャップ」に悩みながらなおも戦い続けるのだった……。

映画化編集

2008年の10月以降、本作の映画化を示唆、脚本家を探しているとしていた映画監督リドリー・スコット[1]2009年3月、良い脚本家を得たとして映画化を発表した。映画はジェームズ・キャメロンの『アバター』のように3D作品とする予定だという[2][3]。2015年5月、『G.I.ジョー』シリーズや『ジュピター』のチャニング・テイタムが、映画化作品に出演する可能性があると報じられた[4]

日本語訳編集

脚注編集