メインメニューを開く

結城 満朝(ゆうき みつとも)は、室町時代武将白河結城氏4代当主。

 
結城満朝
時代 室町時代
生誕 不明
死没 不明
官位 左兵衛尉中務允
幕府 室町幕府
主君 鎌倉府足利将軍家
氏族 小峰氏白河結城氏
父母 父:小峰政常、養父:結城顕朝
兄弟 満朝小峰満政
田川広朝山ノ井憲朝
養子:氏朝

略歴編集

白河結城氏の分家である小峰氏3代当主・小峰政常の子として誕生。伯父である白河結城氏3代当主・結城顕朝の養子となり、家督を継承した。

当初は鎌倉府及び篠川公方・足利満直や稲村公方・足利満貞に従い、鎌倉府の命令により上杉氏憲(禅秀)と共に応永7年(1400年)に反乱を起こした伊達政宗らと戦ったが、応永20年(1413年)に政宗の孫・伊達持宗が挙兵した際には鎌倉府の出兵の誘いに応じなかった。

応永23年(1416年)、上杉禅秀が鎌倉公方足利持氏と敵対して上杉禅秀の乱を起こすと、禅秀と満直に味方し鎌倉府と敵対した。後に室町幕府に接近し京都扶持衆となった。