メインメニューを開く

続 有恒(つづき ありつね、1914年12月15日1972年9月25日)は、日本の教育心理学者。

来歴編集

宮城県出身。1938年東京帝国大学文学部心理学科卒。国立教育研究所員、東北大学助教授、52年名古屋大学教育学部教授、70年「教育評価」で名大教育学博士。57歳で死去。

著書編集

共編著編集

  • 『教育心理学実習 調査・統計』正木正共編 同学社 1951
  • 『現代の教育心理学 シンポジアム』編 国土社 1956
  • 『教育心理学』依田新共編 有信堂 1963
  • 『精神発達と教育』編著 第一法規出版 1968 教育学叢書
  • 『教育指導』高瀬常男共編著 第一法規出版1972 教育学叢書

参考編集

  • デジタル版日本人名大事典:[1]
  • 依田新「続有恒教授を偲ぶ」名古屋大學教育學部紀要. 教育心理学科 :[2]