綾浪源鋭

綾浪源逸から転送)

綾浪源鋭(あやなみげんえい、1881年7月6日-1927年10月27日[1])は、追手風部屋に所属した元力士。8代湊川。本名は一戸源逸。現在の青森県青森市出身。179cm、101kg。最高位は東関脇

経歴編集

6代高砂の遺弟子。1900年5月序ノ口、1909年1月十両昇進、1910年1月新入幕。幕下時代に日露戦争に従軍し、金鵄勲章功六級と勲八等白色桐葉章を授与された。後に土俵入りで化粧廻しに勲章をつけて人気を博した。1911年2月に横綱梅ヶ谷と引き分け、1912年5月関脇昇進。1915年5月には新鋭栃木山を破っているが1916年1月引退し、8代湊川を襲名[2]湊川部屋を再興し、綾錦楢錦を育てた。

1911年の新橋倶楽部事件では力士側の委員として活躍した。

成績編集

  • 幕内13場所47勝43敗15休25分預
  • 通算15場所53勝46敗15休27預

改名編集

雲竜→綾浪源逸→綾浪源鋭 [3]

出典 編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19100103.htm
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p36
  3. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709