綿貫譲治

綿貫 譲治(わたぬき じょうじ、1931年1月26日[1] - 2015年7月3日[2])は、日本政治学者社会学者上智大学名誉教授。専門は、政治社会学比較社会学国際関係論

目次

略歴編集

アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。1948年都立一高卒業、1953年東京大学文学部社会学科卒。1955年同大学院社会学研究科中途退学。東京大学文学部社会学研究室助手(1955-60年)、同専任講師(1960-64年)、助教授(1964-71年)を経て、上智大学外国語学部教授(1971-99年)、創価大学文学部社会学科教授(1999-2006年)を務めた。

学外では国際社会学会副会長(1982-86年)、日本社会学会会長(1992-94年)を歴任した。行動論政治学のアプローチをとった、投票行動についての実証的研究で知られた。

著作編集

単著編集

  • 『現代政治と社会変動』(東京大学出版会, 1962年)
  • 『日本の政治社会』(東京大学出版会, 1967年)
  • 『日本政治の分析視角』(中央公論社[中公叢書], 1976年)

共著編集

編著編集

  • 『現代社会と人間』(研究社出版, 1972年)
  • 『社会学講座(7)政治社会学』(東京大学出版会, 1973年)

共編著編集

  • 松原治郎蓮見音彦)『農村社会構造と農協組織』(時潮社, 1964年)
  • (松原治郎)『社会学研究入門』(東京大学出版会, 1968年)
  • 細谷千博)『対外政策決定過程の日米比較』(東京大学出版会, 1977年)
  • 広瀬和子)『新国際学――変容と秩序』(東京大学出版会, 1995年)

訳書編集

脚注編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『綿貫譲治』 - コトバンク
  2. ^ 上智大学名誉教授(元外国語学部教授)の綿貫譲治先生が、7月3日逝去されました”. 上智大学ソフィア会 (2015年8月28日). 2016年4月25日閲覧。