メインメニューを開く

緒川城(おがわじょう)は、尾張国知多郡小河、現在の愛知県知多郡東浦町緒川にあった日本の城

logo
緒川城
愛知県
緒川城址(2010年8月)
緒川城址(2010年8月)
別名 緒川古城、高薮城、緒川新城
城郭構造 平山城
天守構造 なし
築城主 水野貞守
築城年 文明年間(1469年-1487年
主な城主 水野忠政水野信元
廃城年 慶長7年(1606年
遺構 曲輪、土塁、乾坤院総門
指定文化財 町指定史跡
位置 北緯34度58分44.2秒
東経136度58分00.5秒
地図
緒川城の位置(愛知県内)
緒川城
緒川城
公園と城址(2010年8月)

目次

歴史編集

文明年間(1469年1487年)に水野貞守により築城。のち賢正、清忠、忠政信元と続いた。天正8年(1580年)の水野忠守の入城に際し、居所の移転がなされる。慶長6年(1601年)に緒川藩が成立、水野分長が城主となるが、新城藩移封に伴い、慶長7年(1606年)に廃城となる。

構造編集

南から北に、出丸、二つに区切られた主郭、家臣の屋敷、忠守および分長の居城となった曲輪群からなる。貞守の築城による主郭およびその周囲の曲輪を「緒川古城」と称し、忠守らの居城区域を「高薮城」もしくは「緒川新城」と呼ぶことがある。それぞれ現在の東浦町緒川字古城と緒川字屋敷三区に相当する。

遺構編集

「緒川古城」の主郭は児童公園となっており、僅かに北側の土塁の一部が残存する。土塁に隣接して「緒川城址」の石標と城趾全体の縄張り図を含む案内板がある。城址は東浦町指定史跡となっている[1]

「高薮城」周辺は一面宅地となり、当時の面影をとどめていない。かつては石碑(愛知県)が建てられていたが、今は東浦町役場の北に移動されている。但し水野氏菩提寺の乾坤院の総門は「緒川新城」廃城の後に移築されたもので、現存する唯一の建物であるとの伝承が同寺にある。

アクセス編集

JR東海武豊線緒川駅より徒歩15分。雑多な住宅街の一角にあり、駐車場は無い。

脚注編集

  1. ^ 「町指定文化財」東浦町公式HP

関連項目編集

外部リンク編集