メインメニューを開く

織田信貞 (丹波柏原藩主)

丹波柏原藩第7代藩主

織田 信貞(おだ のぶさだ)は、江戸時代後期の大名丹波国柏原藩7代藩主。通称は瀬之助、千之助、大学。官位従五位下出雲守。高長系織田家10代。

 
織田信貞
時代 江戸時代後期
生誕 享和3年(1803年
死没 弘化3年12月18日1847年2月3日
改名 長保(初名)→信貞
別名 通称:瀬之助、千之助、大学
墓所 徳源寺
官位 従五位下出雲守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶
丹波柏原藩
氏族 織田氏(信雄系高長流)
父母 父:織田信守、母:田中氏娘
養父:織田信古
兄弟 信貞津田長敦、安子、九磨ら7男5女
養兄弟:信古通実
正室:堀直庸四女・寿姫
養子:信敬良性院

生涯編集

享和3年(1803年)、5代藩主・織田信守の長男として江戸にて誕生した。初名は長保。織田信古の養子となる。

天保13年(1842年)2月15日、12代将軍・徳川家慶御目見する。同年3月9日、信古の隠居により家督を相続する。天保14年(1843年)、12月16日従五位下・出雲守に叙任する。儒学者小島省斎を招き、藩で講義を行なわせた。

弘化3年(1846年)12月18日、柏原において死去、享年44。柏原・徳源寺に葬られた。跡を養子の信敬が継いだ。

系譜編集