メインメニューを開く

美室(びしつ / ミシル、540年代? - 612年以後[1])は、新羅第24代真興王から第27代善徳女王治世期にかけて実在[2]したとされる真骨の貴族女性。

生涯編集

彼女については、1989年に発見された『花郎世記』の文献に登場する以外、不明である。それによると美室は歴代王妃を輩出した一族に生まれ、類まれな美貌と教養を兼ね備え、花郎(ファラン、新羅に実在した貴族青年部隊)の最高指揮者「源花」(げんか)の地位に就き権力を掌握していた。また、夫の世宗(李氏朝鮮時代の王とは別人)以外に真興王をはじめ数多くの男性を誘惑、相手にしたと伝えられている。特に真興王の息子、第25代真智王、第26代真平王との色事は有名である。 真興王は美室を寵愛し彼女に『宮主』、『殿主』などの称号を付与した。真興王死後、真智王の廃位を主導し、真平王の在位期に玉璽を官理する『璽主』になった。

家族編集

  • 祖母(父方):三葉公主(第23代国王法興王の娘。)
  • 父:未珍夫(第2代風月主。)
  • 母:妙道夫人 朴氏(初代風月主 魏花郎の孫娘。)
  • 弟:美生郎(第10代風月主。)
  • 叔母(母方):思道王后 朴氏(第24代国王真興王の王妃。第25代国王真智王の母、第26代国王真平王の祖母。)
  • 叔母(母方):知道夫人 朴氏(真智王の妃、第29代国王武烈王の祖母。)
  • 夫:世宗公(弩里夫。第6代風月主。)
    • 長男:夏宗公(第11代風月主。)
      • 孫:毛宗公(叔父、宝宗の正室、良明公主との間に第22代風月主 良図を儲けた。)
      • 孫:柔毛娘主
      • 孫:英毛夫人(金庾信の正室。)
    • 次男:玉宗公
  • 情夫:斯多含(第5代風月主。初代風月主 魏花郎の外孫。)
  • 情夫:薛原郎(第7代風月主。初代風月主 魏花郎の外孫。) ※ 斯多含、薛原郎は異父兄弟であり、母が魏花郎の娘・金珍娘主。
    • 息子:宝宗公(第16代風月主。)
      • 孫:宝良宮主 薛氏(真平王の側室。)
      • 孫:宝羅宮主 薛氏(武烈王の最初の妻。)
  • 情夫:美生郎(実弟でもある。)
    • 子女あり
  • 情夫:第24代国王 真興王
    • 娘:般若公主
      • 孫:水品(第27代国王善徳女王の時代の上大等。父は真興王の息子で銅輪太子と真智王の弟、金仇輪。)
    • 娘:蘭若公主(真平王の側室。)
      • 孫:雨若公主
    • 息子:壽宗殿君
  • 情夫:銅輪太子(従兄弟でもある。真興王と思道王后 朴氏の長男、真智王の兄。)
    • 娘:艾松公主
  • 情夫:第25代国王 真智王(従兄弟でもある。真興王と思道王后 朴氏の息子、銅輪太子の弟。)
  • 情夫:第26代国王 真平王(銅輪太子の息子。)
    • 娘:宝華公主
      • 孫:善品(第21代風月主。父は金仇輪。水品の異母弟。第30代国王文武王の王妃、慈儀王后の父。)

テレビドラマ編集

2009年に放送されたMBCテレビドラマ『善徳女王』では主人公に敵対する人物として登場し、美室を演じたコ・ヒョンジョンが2009年度のMBC演技大賞を受賞した。

美室が登場する作品編集

参考文献編集

  • 『韓国ドラマ 時代劇王15』 2010年、TOKIMEKIファブリッシング

脚註編集

  1. ^ 美室の生沒年は不詳。
  2. ^ 花郎世記』以外の史書には言及がない。