メインメニューを開く

美方大納言小豆(みかただいなごんあずき)は、兵庫県但馬地方にある美方郡で栽培されているアズキの一種。原産地は香美町小代区である。

目次

歴史編集

  • 美方郡では、古くから良質のアズキが栽培されていた。郷土史家の古川哲男によると、その歴史は少なくとも江戸時代にさかのぼる。[1]当時、アズキなど雑穀は焼き畑農業で生産されていた。[1]その後、棚田転作作物として自家用または換金作物の形で細々と作られていた。[2]
  • 1981年 - 兵庫県農業総合センター農業試験場但馬分場(現在の兵庫県立農林水産技術総合センター北部農業技術センター農業・加工流通部)が、美方町(現在の香美町小代区)から在来種を収集。[3][1]
  • 1985年 - 上記から「美方白莢大納言」を選定し、普及を開始。これが現在「美方大納言小豆」として栽培されている品種である。[1][3]
  • 2000年 - 美方大納言小豆の産地形成の気運が高まる。[1]
  • 2011年 - 香美町・新温泉町・JAたじま・兵庫県により、美方大納言小豆ブランド推進協議会が発足。[2][3]

特徴編集

  • 白い莢(さや)をもち、大粒で、煮崩れしにくい。そのため、和菓子などの加工に適している。[4][1]
  • 他の大納言小豆よりも鮮やかなルビー色をしている。[1]
  • 甘味成分の糖含量、旨味成分の遊離アミノ酸含量や総ポリフェノール含量が、他県産大納言などの小豆品種に比べて多い。[1][5]

産地編集

兵庫県但馬地方にある美方郡香美町新温泉町[4][1]棚田での栽培が多いため、大量生産は難しいが、昔ながらの手まき、手ぼり、手よりによる栽培が行われている。[1]

その他編集

  • 道の駅村岡ファームガーデンで美方大納言小豆を使った菓子が販売されている。[4]
  • 生産者の技術研鑽の場となる「美方大納言小豆生産振興大会」や「美方大納言小豆品評会」が開かれている。[2]
  • ぜんざい大判焼きなどがふるまわれる「美方大納言祭」や、新たな小豆料理を創出するレシピコンテストなどが開催されている。[2]
  • 美方大納言小豆スフレチーズケーキのレシピが公開されている。[1]
  • 小豆がゆのレシピが公開されている。[4]
  • 「美方大納言の唄」(作詞:久村謙蔵、作曲:勝地哲平)が、新温泉町の遊月亭スタッフにより作られている。[1][6]
  • 「美方ルビー」としてブランド化や商品展開をする動きが生まれている。[3]

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l リーフレット「兵庫県美方郡産 美方大納言小豆」、美方大納言小豆ブランド推進協議会 発行
  2. ^ a b c d 小坂高司(2016):美方大納言小豆.ひょうごの在来種保存会 編著『ひょうごの在来作物―つながっていく種と人―』 神戸新聞総合出版センター,p.139.
  3. ^ a b c d 廣田智子(2014):兵庫県における特産小豆「美方大納言」のブランド化支援研究について.豆類時報No.75.
  4. ^ a b c d JAたじま > たじまの農業・農作物 > 野菜がおいしい > 美方大納言小豆
  5. ^ 兵庫県立農林水産技術総合センター北部農業技術センター「美方大納言小豆の品質的特長の解明~おいしさのひみつ~」
  6. ^ 応援歌 『美方大納言の唄』

関連項目編集

外部リンク編集