メインメニューを開く

群馬県道372号つつじが岡線

日本の群馬県の道路

群馬県道372号つつじが岡線(ぐんまけんどう372ごう つつじがおかせん)は群馬県館林市を通過する一般県道である。なお、群馬県道372号つつじヶ丘線と表記されている場合がある[1][2]

一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
群馬県道372号標識
群馬県道372号
つつじが岡線
地図
群馬県道372号つつじが岡線の位置(群馬県内)
羽附
羽附
花山
花山
主な経由地
路線延長 1.2 km
制定年 1959年 群馬県認定
道路の方角 南北
起点 館林市花山町
終点 館林市羽附町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0354.svg国道354号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
館林市花山町付近(2011年2月)
つつじが岡公園入口(2011年12月)

目次

概要編集

群馬県館林市の城沼沿いにあるつつじが岡公園と国道354号を連絡するアクセス道路。つつじが岡公園の「つつじまつり」開催期間中は、これら周辺道路も含め非常に混雑する。

路線データ編集

歴史編集

1876年明治9年)5月の皇后皇太后行啓を前に整備された道路で、「行啓道」と言われた。旧来の曲がりくねった道を直線的に改めたもので、これが現在のつつじが岡線の基となっている[4]

年表編集

  • 1959年昭和34年)9月18日:群馬県より現・道路法に基づき、県道つゝじが丘線館林市大字羽附 - 県道前橋古河線[注釈 3]交点〈館林市大字羽附〉、整理番号120)が路線認定される[5]
    • 同日、前身路線にあたる県道館林花山線(館林市 - 同市、整理番号230)が路線廃止される[6]

交通量編集

24時間自動車類交通量(台/日)[2]

  • 館林市花山町2487番2:7,946

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

交差する道路の特記がないものは市道

交差する道路 交差点名
つつじが岡公園
(館林市街方面市道) 県道365号板倉籾谷館林線 館林市 花山町
国道354号旧道 花山入口
国道354号 つつじが岡入口

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 昭和34年の路線認定当初での表記では、館林市羽附3258番である[3]
  2. ^ 昭和34年の路線認定当初での表記では、館林市羽附1724番とあり、花山入口交差点がかつての終点であった[3]
  3. ^ 現在では、国道354号の道筋に相当する。

出典編集

  1. ^ 道路の 路線番号 索引 (PDF)”. 中日本建設コンサルタント. p. 44 (2017年11月). 2018年8月12日閲覧。
  2. ^ a b c d 平成22年度道路交通センサス 2012年8月13日閲覧。
  3. ^ a b 昭和34年群馬県告示第326号 県道の供用開始に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 24–39、群馬県立図書館所蔵)
  4. ^ 館林市史編さん委員会編集『館林市史 特別編 第1巻 館林とツツジ』館林市、2004年3月30日、234ページ。
  5. ^ 昭和34年群馬県告示第324号 県道路線認定に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 1–15、群馬県立図書館所蔵)
  6. ^ 昭和34年群馬県告示第325号 県道路線廃止に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 15–24、群馬県立図書館所蔵)

関連項目編集

外部リンク編集