メインメニューを開く

耶律特麼(やりつ とくま、生没年不詳)は、(契丹)の軍人政治家

経歴編集

季父房の後裔。重熙年間、北剋となり、六部禿里太尉に累進した。

太安4年(1088年)、倒塌嶺節度使となった。ほどなく禁軍都監となった。この年の、磨古斯を討ち、2000人あまりを斬首した。10年(1094年)、再び磨古斯を討った。凱旋すると、南院宣徽使に任じられた。寿昌元年(1095年)、北院大王となった。4年(1098年)、知黄龍府事となり、死去した。

伝記資料編集