東京聖文舎

聖文舎から転送)

東京聖文舎(とうきょうせいぶんしゃ)は、ルーテル派系のキリスト教出版社書店2008年8月1日に自己破産手続。日本のキリスト教界人口は少なく、出版業界全体の不況により、経営難に陥った。キリスト教出版社の中では大手であり、キリスト教出版界売上第2位であった。[1]

脚注編集

  1. ^ キリスト教出版界に衝撃 東京聖文舎が破産 2008年9月6日”. 2008年10月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年1月2日閲覧。