出版社

書籍や雑誌の発行・流通を行う会社

出版社(しゅっぱんしゃ)とは、書籍雑誌などを発行し、広く読まれるために書店などの販売者に働きかけたり、広告宣伝を行い、国会図書館などの図書館書誌的なデータを送り、知識などをパッケージ化して社会に届ける会社

目次

概説編集

新規性など商業的な交換価値のある情報を社会で公共化することを主な目的とする。創業者や経営者の経営方針により、文芸書学術書総合雑誌漫画など様々な専門がある。日本の出版社の多くは東京一極集中の傾向にあるため、それ以外の地方を本拠とする出版社を地方出版社と呼ぶこともある。

印刷会社が受注生産であるのに対し、出版社は原則的に見込み生産である。

角川書店のように出版社が他業種へと進出する場合や、NHKソフトバンクスクウェア・エニックスなどのように他業種から参入する場合もある。他方、新聞社は伝統的に出版事業も行っている場合が多い。日本標準産業分類において、かつて出版社は製造業に分類されていたが、現在(2002年の改定以降)は情報通信業に該当する。

欧米では国境を超えた激しい市場競争があり、メディア・コングロマリット化が進んでいる。イギリスの売上高トップは、フランスの出版社アシュットである。またアメリカ合衆国最大の出版社ランダムハウスは、ドイツベルテルスマンが所有している。

各国の主な出版社編集

日本編集

売上高トップ10(2007年)[1]
順位 名称
1 リクルート
2 ベネッセコーポレーション
3 角川グループホールディングス
4 小学館
5 講談社
6 集英社
7 ぴあ
8 学習研究社
9 日経BP
10 ゼンリン

アメリカ合衆国編集

イギリス編集

ドイツ語圏編集

フランス編集

スペイン語圏編集

台湾・香港編集

台湾編集

香港編集

出版関連団体編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 出版社の収益指標ベストテン(売上高)”. 日本著書販促センター (2009年). 2010年1月29日閲覧。

関連項目編集