肛門挙筋(こうもんきょきん)は骨盤底筋の一つで、骨盤隔膜を構成し、骨盤内臓を支持し、肛門の周囲に位置する骨筋である恥骨尾骨筋・腸骨尾骨筋・恥骨直腸筋の総称をいう。

肛門挙筋の1つ腸骨尾骨筋(ちょうこつびきん)は、腸骨からおこり尾骨仙骨につく骨格筋である。

ギャラリー編集

参考文献編集

この記事にはパブリックドメインであるグレイの解剖学第20版(1918年)422ページ本文が含まれています。

出典編集

外部リンク編集