メインメニューを開く

育子からの手紙』(いくこからのてがみ)は、2010年4月17日公開の日本映画である。

概要編集

原作は、1989年に刊行された、ある主婦が書いた実話の手記である。

持病で入院することとなった主婦は、同じ病室の隣のベッドで入院中の、中学生の女の子と知り合う。女の子の病気は骨肉腫だった。

そんな二人が、ひょんなことから手紙のやり取りを始める。それは、主婦が退院してからも続いた。作品は、そんな二人の女性の、手紙を通じた心の交流を描いたものである。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:村橋明郎
  • 原作:副島喜美子「育子からの手紙〜15歳、ガンと闘った日々」(筑摩書房刊)
  • 脚本:岩田元喜、村橋明郎
  • 企画・製作者:相澤徹
  • 撮影:寺沼範雄
  • 美術:竹内悦子
  • 録音:紅谷愃一
  • 照明:森谷清彦
  • 編集:大髙勲
  • 音楽:朝倉紀行
  • 製作:フィルム・クレッセント
  • 配給:映画「育子からの手紙」製作委員会
  • 上映時間:105分

主題歌編集

外部リンク編集