胸膜癒着

呼吸器系に対する医療技術

胸膜癒着(きょうまくゆちゃく)は、胸腔に科学的炎症を引き起こす薬剤を投与し、肺と胸膜腔を人工的に癒着させる医療技術である[1]

Pleurodesis
治療法
ICD-9-CM 34.92
MeSH D018700
テンプレートを表示

概要編集

胸膜癒着は、再発を繰り返す気胸などを治療する方法のひとつである。ただし嚢胞性線維症患者の場合、この処置を行った後には肺の移植手術が困難になるデメリットがあるため、一般的には回避される。

薬剤の注入は、一般的に胸腔ドレナージのチューブを介して胸腔内に投与する。薬剤はブレオマイシンテトラサイクリンミノサイクリンなど)、ポビドンヨードタルクスラリーなどを用いる。 注入された薬剤は、胸膜の壁面と内臓層との間の空間を漂い、そこで炎症を引き起こさせる。この時、致命的な間違った部位の投薬を避けるよう、十分注意して処置にあたる必要がある[2][3]

胸膜癒着は痛みを伴うため、必要に応じて鎮静剤および鎮痛剤を前もって投与しておく事が望ましい。

脚注編集

  1. ^ "pleurodesis" - ドーランド医学辞典
  2. ^ Sterile Talc Powder For Intrapleural Administration Only”. National Library of Medicine. 2014年6月25日閲覧。
  3. ^ Fatal intravenous administration of a sterile talc slurry”. California Department of Public Health, Licensing and Certification Division. 2014年6月25日閲覧。