ボランティア

タンカーからの事故で汚染された海岸の清掃ボランティア

ボランティア: volunteer)とは、自らの意志により参加した志願兵のこと。反対語は「強制徴募」。奉仕活動をする人のことは「チャリティー」の項目を参照すること。

目次

定義編集

 
選挙活動のボランティア
 
ボランティアによる災害現場での土砂除去

語源・原義編集

聖書の副詞形ヴォルンターテ「自ら進んで」の語源は動詞「volo(ヴォロ)」(「欲する」「求める」「願う」の意)である。ラテン語ヴォルタースから英語volunteer(ボランティア)が誕生した。[1][2]。英語の volunteer の語の原義は志願兵であり、徴集兵を意味する drafts とは対義の関係にある。この語は、歴史的には騎士団十字軍などの宗教的意味を持つ団体にまで影響を与えた。十字軍の際には「神の意思」(voluntas) に従うひとを意味した[3]

英語圏では、現在も本来の語義どおり志願兵あるいは義勇兵の意味で、この語が使われている。なお voluntary とは、自発的であるさまのことである。

特徴編集

ボランティア活動の原則として挙げられる要素は一般的に、自発性、無償性、利他性、先駆性の4つである。1980年代以降、無償性の原則に関して「無償」の範囲をより柔軟に考えることによって実費の弁済や一定の謝礼を受ける「有償」ボランティアが出現し、受け入れられてきている[4]

ボランティアは被雇用者のように組織から強 なお、2012年に日本の厚生労働省が日本国内のボランティア活動者を対象として実施した調べでは、最大のボランティア人材源となっているのは主婦層および高齢者層である[5]

プロフェッショナル・ボランティア編集

ボランティアには「素人集団」というステレオタイプもあるが、医師弁護士看護師臨床心理士教師をはじめ、各分野の専門家がそれぞれの高度な技能を生かしてボランティア活動を行うこともある。こうした専門家によるボランティア活動をプロフェッショナル・ボランティア(プロボラ)と呼ぶ。特定非営利活動法人のなかには、専門性を必要とする具体的な活動内容を明記して左記のような専門家たちを募集していることもある。

偽ボランティア編集

災害などが起こった時にボランティアと称して被災地に入り窃盗行為を行い、被災者などから金品を得た上で救援活動を行う偽ボランティアと呼ばれる者が存在する。災害被災者や戦争難民などが生まれると、支援といって駅頭などや各家を回って募金を集める偽ボランティアもいる。宗教においては布教活動を社会への貢献活動であるとの観点からボランティアと称して布教活動をする場合もあるが、望まない者からは偽ボランティアと捉えられる[6]。。

世界各国のボランティア編集

米国編集

 
米国での動物園ボランティア

超高齢社会に向かいつつある社会背景の中でアメリカでは定年退職者や高齢者の社会参加の一環として、若者の開発途上国でのボランティアを平和部隊として組織した先例に倣って、高齢者が学校や障害者、引きこもりの児童などに社会的なボランティアを展開するのをアメリコーAmeriCorps、アメリカ部隊)と名づけて、連邦政府から経済支援を与えることにした。

アメリカでは、州によって高校生、大学生の時期に5000時間ほどボランティアに従事するとキャリア形成につながるというシステムがある。ボランティアを募集する機関とボランティアをしたことを認定する機関や認定資格者が制度的に確立していて、一定の活動条件を満たした場合に本人にボランティア認定証が発行される

ロシア編集

ロシアで開催された2018 FIFAワールドカップのボランティアの活躍でロシアの印象が前後で一変したと評価されている。現地取材した記者は頼りになるボランティアスタッフの存在の大きさを指摘している。大学生を中心としたロシアのボランティアスタッフがスムーズな英語を話せたこと、スタジアムだけでなく駅や空港、繁華街などで積極的なサービスが印象的だったと述べている[7]

日本編集

災害時編集

1995年阪神・淡路大震災では全国から大勢のボランティアが被災地に駆けつけたことから、「ボランティア元年」とも呼ばれる。当該震災の日(1月17日)を「防災とボランティアの日」としている。その後の地震や水害などにおいても、ボランティアが活躍している。

災害ボランティアの概数[8]
災害 人数 集計期間
阪神淡路大震災[9] 138万人 1995年1月~1996年1月
新潟県中越地震 8万人 2004年10月23日~2005年3月31日
新潟県中越沖地震 3万人 2007年7月~12月
東日本大震災[10] 102万人 2011年3月~12年3月

広島土砂災害

4万人 2014年8月~12月

一方で、2011年に発生した東北地方太平洋沖地震において、阪神・淡路大震災等において駆けつけたボランティアが現地の迷惑であったとの意見がインターネット上のつぶやきサイトで見られ反響を呼んだ。ボランティアに高い技能と倫理性が必要であると一方的に定義し、これに満たないボランティアを攻撃していること等が特徴的である。

  • 乙武洋匡は自身のツイッターにて、阪神大震災でのボランティアについて「助けに来てくれて一番ありがたいと思ったのは、自衛隊の人たち。 一番迷惑で邪魔だったのは、自称ボランティアの人たち。こちらが必要とする事はできず、逆に残り少ない食品や飲料水をコンビニで消費していく始末」と書かれた赤の他人の発言を引用した。
  • 兵庫県西宮市市議会議員(当時。2014年から同市市長)の今村岳司は、阪神・淡路大震災での被災体験を振り返り「ボランティアは、被災者が食うべきものを食い、被災者が飲むべき水を飲み、被災者が寝るべきところで寝(た)」と述べ、当時のボランティアのことを「観光気分で来た自分探し」「ただの野次馬観光客」「人から感謝されることを楽しみにやってきただけ」等とし、「要はプロに任せること」「被災地に必要なのは、プロだけで」あり[11]、「部隊の指揮下で日本のために自分を犠牲にできる人だけが、「ボランティア=義勇兵」として現地入りすべき」だと述べた。[12]
  • 迷惑ボランティアの行動についての記事を再掲したメディアもある[出典無効]

学校におけるボランティア編集

日本では高校受験などに際してボランティア活動を行ったことでその経験が調査書に記載されていると評価点を高くする学校がある。

高等学校の場合、上級学校への進学や就職における自己アピールの材料として使われるなど、卒業後の進路内定という「対価」を得るための手段とされる傾向がある。大学など高等教育の課程においても、ボランティアが就職活動でのアピールや単位取得の手段として使われることもある。

また、福祉活動を課程の中に組み込むなどして義務化している学校もある。例えば東京都では2007年度から都立の高校で「奉仕の時間」が義務化されることとなった。このケースでは全員1単位以上の履修が卒業するための要件そされているため、自発性に基づく活動ではない。

宗教団体によるボランティア編集

ボランティアは歴史的に宗教団体に遡ることができるが、現在の日本でも(欧米ほどではないにせよ)宗教団体によるボランティア活動は活発である。慣習的には(専従の聖職者ではない)信者による無償の奉仕活動が一般にボランティアとされる。

たとえば軍隊を模した組織を取って活動するキリスト教プロテスタント)の教派団体である救世軍は非常に活発な社会奉仕活動で知られているが、他の教派団体の牧師に相当する士官階級の者は法人の専従職員でありボランティアではないものの、一般信徒である下士官兵士の階級の者の活動は原則的に無償のボランティアである。

ボランティア休暇編集

企業の元年(フィランソロピー元年)と言われた1990年富士ゼロックスが「ソーシャル・サービス・リーブ」として開始した休暇制度が「ボランティア休暇」「活動休暇」などの名称で、主に大企業を中心に普及した。単発的に取得する場合を「ボランティア休暇」と呼ぶのに対し、一定期間連続して休暇を取得する場合は「ボランティア休職」と呼ぶ場合が多く、「ボランティア休暇」が有給休暇扱いであるのに対し「ボランティア休職」の場合は雇用保障だけで無給対応となる場合が多い。阪神・淡路大震災におけるボランティアの役割が広く認知されたことから、国家公務員にも「ボランティア休暇」が導入されることになり、その後、自治体の多くも「ボランティア休暇」を設けるようになってきた。しかし職員が休暇を取得することで業務進行や業績に影響するような場合、制度があっても取得しにくいという課題がある。業務の特性から、年次有給休暇ですら取得しにくい企業・自治体もあり、ボランティアは有意義な活動としながらも、ボランティア休暇はあまり取得されていない。

商標登録編集

「ボランティア」、「NPO」は2002年1月18日株式会社角川グループホールディングス(当時は、株式会社角川書店)が商標登録出願、2003年4月25日に登録されたが、2005年5月10日に商標登録を取消されている。

中国編集

中国でも近年ボランティア活動が強調されている。軍人として撫順長沙など各地で様々なボランティア活動に献身的に携わったという雷鋒を記念して「雷鋒に学ぶ日」(3月5日)が制定されており、この日におもに若者たちが公園や街路の掃除をしたり、老人ホームを慰問するなどのボランティア活動が展開される。

「ボランティア」という言葉には「志願者」が充てられている。(台湾では「志願工作者」の略である「志工」が好んで使われる。)ボランティア活動は人民の無料奉仕の義務であるという意味で「義務」という言葉が使われる場合もある(例:「義務労働」=勤労奉仕、「義務演出」=チャリティー・コンサート、「義工」=「義務工作者」=ボランティアなど)。

ウェブ上のボランティア編集

World Comitmuny GridOpen Directory Projectウィキペディアthe Virtual Library青空文庫MylingualといったWorld Wide Web上のボランティアも存在する。

脚注編集

  1. ^ 「ボランティア」の源流は聖書が起点である―『石巻かほく』つつじ野 (2017年11月21日付)
  2. ^ 岩村義雄 (2016年5月1日). 「キリスト教とボランティア道」 ―水平の<運動>から,垂直の<活動>に― (Speech). 東京大学本郷キャンパス. http://kicc.sub.jp/wp-content/uploads/2016/05/33ddbe942723595e25a1137ecc35bf3c.pdf 2018年6月30日閲覧。 
  3. ^ 八木雄二『神を哲学した中世』新潮選書p.71
  4. ^ まあるい地球のボランティア・キーワード145: ボランティア学習事典 日本ボランティア社会研究所
  5. ^ 付属資料4. 高齢者の社会参画についての企業やNPO等の実態に関する既存調査一覧 内閣府共生社会政策統括官
  6. ^ 情熱2006 ~明日のために、新しい『風』を起こそう~」”. 社団法人 奴奈川青年会議所. 2015年10月24日閲覧。
  7. ^ W杯前後で印象が一変、現地取材記者が経験したロシアのおもてなし
  8. ^ 「惨禍語り継ぐ 阪神大震災20年=下=」2015年1月15日日本経済新聞朝刊39面
  9. ^ 神戸には大阪という震災の被害を受けない後背地があった。また戦後最大の震災として多くの関心を集めた。
  10. ^ 災害発生初期には、現地への交通がきわめて困難で、全面通行止めであったため、現地での東北以外からのボランティア活動はほとんどできなかった。
  11. ^ あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている。
  12. ^ それでもなにかできることを。~昨日の続編

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集