膠東道(こうとう-どう)は中華民国北京政府により設置された山東省の道。

中華民国 山東省 (中華民国)省 膠東道
1913年 - 1925年
簡体字 胶东
繁体字 膠東
拼音 Jiāodōng
カタカナ転記 ジャオドン
国家 中華民国
山東省 (中華民国)
行政級別
政府所在地 福山県
建置 1913年
廃止 1925年
面積
- 総面積 km²
人口

沿革編集

1913年民国2年)1月18日に設置、観察使は福山県に設置され、下部に福山、蓬萊、黄県、棲霞、招遠、萊陽、牟平、文登、栄成、海陽、掖県、平度、濰県、昌邑、膠県、高密、即墨、益都、臨淄、広饒、寿光、昌楽、臨朐、安丘、諸城、日照の26県を管轄した。1914年(民国3年)5月23日に観察使は道尹と改められた。1925年(民国14年)に廃止されている。

行政区画編集

廃止直前の下部行政区画は下記の通り。(50音順)


脚注編集