臣連伴造国造百八十部并公民等本記

本来の表記は「臣連伴造國造百八十部幷公民等本記」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

臣連伴造国造百八十部幷公民等本記』(おみむらじとものみやつこくにのみやつこももあまりやそとものをあわせておおみたからどものもとつふみ)は、推古天皇の時代に聖徳太子蘇我馬子が編纂した歴史書である。

天皇に仕えていた豪族の奉仕に関するものと推測されている。『日本書紀』推古28年是歳条に『天皇記』、『国記』と共に書名の記述がある。

延暦3年成立の『因幡国伊福部臣古志』によると、伊福部久遅良が「豊御食炊屋姫天皇庚辰の年」に「臣連伴造国造諸民の本記」を定めたとあり、聖徳太子と蘇我馬子の下で編纂作業を行なっていたとされる。

関連項目編集