自己中心性

自己中心から転送)

日本語で自己中心性 (じこちゅうしんせい、: egocentrismあるいはselfishness)とは、(英語でエゴセントリズム egocentrismと表記される心理学用語を翻訳するために造語された日本語「自己中心性」のほうをまず解説するなら)主観スキーマ客観現実から導くことができないこと、また自分以外の視点を正確に想定・理解することができないことである[1][2]。他方、英語でセルフィッシュネス selfishnessに相当する意味で使われている、普通の日本語表現の「自己中心」のほうは、他者への配慮を欠くこと、自分の利益や関心事のことしか考えていないこと、である[3]

後者のセルフィッシュネス相当の日本語を名詞的に短く言う場合は自己中心(じこちゅうしん)。形容詞的な表現としては自己中心的(じこちゅうしんてき)とも言う。最近の若者言葉では一般的に「自己中(ジコチュー)」と略され、流行語ではカタカナ表記される。年配の人々が昔からある日本語で言う場合は単に「わがまま」と言うこともある[4]

なお、心理学用語ばかりにとらわれず、日常用語のセルフィッシュネス、わがまま、に焦点を当てると、これは(哲学用語寄りの)利己主義と関連があると考えられている。なお(哲学寄りの)利己主義という用語・概念のほうは、心理学用語のエゴセントリズムとは焦点の当てかたが異なっている。心理学用語のほうは、自分と異なる視点や価値観があることを理解できずにいるという点に(ばかり)焦点を当てているが、哲学用語のほうの利己主義は心理学とは異なった次元に焦点を当てている。

自己中心性とナルシシズムは類似しているが、同じではない。自己中心者はナルシシストのように、己が注目の中心であると信じているが、実際には他からの称賛による満足は得られていない。利己主義者(エゴイスト)もナルシシストも、他者からの称賛により自我が大きく左右される人々であるが、一方で自己中心者では、そうあることも、そうでないこともある。[要出典]

心理学用語 エゴセントリズムの概説編集

 
自己中心性

「エゴセントリズム egocentrism」という用語は心理学用語であり、人に見られるある種の状態について説明するために欧米の心理学者によって造語命名された概念である。

自己中心性は、ヒトの生涯全体にわたって見ることができる。幼児期[5]、児童期[6][7]青年期[8]、そして成人期[6][9]で確認される。児童の心の理論自己同一性形成の発達を助けることで、人の認知機能は発達させることができる。

幼年期編集

幼児期の心理特性は、自分を基準にして世界を解釈することである。自分を客観視することや、自分とは異なる価値観があることを理解するのは困難である。発達的認識論英語版の中で、ジャン・ピアジェが唱えた、2歳から5歳頃に経る世界の見方や認識の仕方[10]。例えばかくれんぼで遊ぶ時、この時期の子供は自分の目をつむって隠れたことにすることがある。これは「自分から自分が見えない」=「他人からも自分が見えない」と考え、まだ客観的な見方が不足していると推察できる[11]。ピアジェはこの段階を「前操作段階」と呼んだ。


セルフィッシュネスの概説編集

この節では、心理学からはしっかり離れ、しっかり切り替えて、普通の日本語の「自己中心」(年配の人々の表現では「わがまま」、若者言葉で「ジコチュー」)と呼ばれている状態、つまり英語ではen:selfishnessという語で表現されている状態について解説する。英語版でen:selfishnessという記事が単独できちんと立てられているので、当節で解説する。セルフィッシュネスという概念は日本語では「自己中」や「わがまま」であり他の訳語は実際のところ無いわけであり、ウィキペディア日本語版ではセルフィッシュネスを当記事以外で解説することは考えづらいので、やはり当記事で解説する。


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Anderman, Eric M.; Anderman, Lynley H. (2009). “Egocentrism”. Psychology of Classroom Learning: An Encyclopedia 1: 355–357. http://go.galegroup.com/ps/i.do?id=GALE%7CCX3027800102&v=2.1&u=cuny_hunter&it=r&p=GVRL&sw=w&asid=728b0bdaba5697edd4c746b81143d889. 
  2. ^ Young 2011, p. 134.
  3. ^ Oxford Lexico, selfishness。日本人は「自己中心」という言葉を英語のselfishnessと同じ意味で使っている。英語版ウィキペディアのen:selfishnessに相当する日本語記事が立てられていないのは、ほかでもないこの「自己中心」という言葉がselfishnessの意味に相当して、他に記事を立てようがないからである。
  4. ^ Wikitionaryも参照可[1]。古くからある日本語の「わがまま」は、英語のselfishness相当の日本語でもあり、egocentrism相当の日本語でもある。日本語の感覚では、selfishnessとegocentrism両者には関連があると見えており、ひとつの言葉「わがまま」で呼んでいる。それが近年の若者言葉では「ジコチュー」に変化した、という面がある。
  5. ^ Onishi, K. H., Baillargeon, R. (2005). “Do 15-month-old infants understand false beliefs?”. Science 308 (5719): 255–258. doi:10.1126/science.1107621. PMC 3357322. PMID 15821091. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3357322/. 
  6. ^ a b Epley, Nicholas; Morewedge, Carey K; Keysar, Boaz (2004-11-01). “Perspective taking in children and adults: Equivalent egocentrism but differential correction”. Journal of Experimental Social Psychology 40 (6): 760–768. doi:10.1016/j.jesp.2004.02.002. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022103104000241. 
  7. ^ Wimmer, H., Perner, J. (1983). “Beliefs about beliefs: Representation and constraining function of wrong beliefs in young children's understanding of deception”. Cognition 13 (1): 103–128. doi:10.1016/0010-0277(83)90004-5. PMID 6681741. http://www.sscnet.ucla.edu/polisci/faculty/chwe/austen/wimmerperner.pdf. 
  8. ^ Adams, G. R., Jones, R. M. (1982). “Adolescent egocentrism: Exploration into possible contributions of parent-child relations”. Journal of Youth and Adolescence 11 (1): 25–31. doi:10.1007/BF01537814. PMID 24310645. 
  9. ^ Keysar, B., Barr, D. J., Balin, J. A., Brauner, J. S. (2000). “Taking perspective in conversation: The role of mutual knowledge in comprehension”. Psychological Science 11 (1): 32–38. doi:10.1111/1467-9280.00211. PMID 11228840. 
  10. ^ Miles Hewstone,etc.,Psychology,BPS textbooks,2005,page190,19
  11. ^ 小学館の図鑑NEO 第13巻「人間 いのちの歴史」(ISBN 4-09-217213-3)、2006年小学館、144頁

参考文献編集

  • Caputi M.; Lecce S.; Pagnin A.; Banerjee R. (2012). “Longitudinal effects of theory of mind on later peer relations: The role of prosocial behavior”. Developmental Psychology 48 (1): 257–270. doi:10.1037/a0025402. PMID 21895361. 
  • Young, Gerald (2011). Development and Causality: Neo-Piagetian Perspectives. New York, NY: Springer. ISBN 978-1-441-99421-9 

関連項目編集