自撃漏(じげきろう)は、1434年に中世李氏朝鮮の科学者、蔣英実が作った水時計である。

自擊漏
BoRuGak Jagyeongnu.JPG
各種表記
ハングル 자격루
漢字 自擊漏
発音 チャギョンヌ
ローマ字転写: Jagyeongnu
テンプレートを表示

それまでの水時計から受水壺に溜まった水の量を浮箭を用いて目視する過程を自動化し、時間に応じて自動人形が鐘を打ち、十二支を表す人形が鳩時計のように飛び出すことで時を知らせた。ただし、播水壺に水を入れる行為は人力で行われた[1]。自撃漏は漢城景福宮南側の報漏閣に置かれた。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集