自由市惨変[1][信頼性要検証]は、1921年ロシア社会主義連邦ソビエト共和国スヴォボードヌイ朝鮮独立軍が、ロシアの労農赤軍と衝突し壊滅した事件である。自由市事変[2]黒河事変[3]ともいう。「スヴォボードヌイ」はロシア語で「自由な」という意味なので、朝鮮人はスヴォボードヌイを「自由市」と呼んでいた。

自由市惨変
各種表記
ハングル 자유시참변
漢字 自由市慘變
発音 チャユシチャムビョン
日本語読み: じゆうしさんへん
テンプレートを表示

1919年三・一運動後、満州東部の間島地域では、多数の朝鮮人武装組織が朝鮮独立を掲げ武力闘争を行っていたが、1920年10月の青山里戦闘の後、日本軍による掃討作戦に追われ、密山市を経て、ロシアのスヴォボードヌイに移動した。ロシアの赤軍とも連携して、体制を立て直そうとした。しかし、主導権争いを巡って権力闘争が起こり、朝鮮人武装勢力同士で対立した。ロシアの赤軍は朝鮮人武装勢力を武装解除しようとしたが、朝鮮人武装勢力はこれに応じず抵抗した。1921年6月28日に赤軍と朝鮮人武装勢力の間で戦闘が起こった。これによって朝鮮人武装勢力は多数の死者を出して壊滅した。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 자유시참변야후!百科事典[リンク切れ]
  2. ^ 자유시사변브리태니커百科(2013年4月27日時点のアーカイブ
  3. ^ 흑하사변韓国民族文化大百科(2013年4月27日時点のアーカイブ