メインメニューを開く

興和川崎東口ビル(こうわかわさきひがしぐちビル)は、神奈川県川崎市川崎区に建つ高層ビルである。

興和川崎東口ビル
Kowa Kawasaki-east Building 01.jpg
興和川崎東口ビルの位置(神奈川県内)
興和川崎東口ビル
興和川崎東口ビル
施設情報
所在地 神奈川県川崎市川崎区日進町1番地53
座標 北緯35度31分43.4秒 東経139度41分46.7秒 / 北緯35.528722度 東経139.696306度 / 35.528722; 139.696306座標: 北緯35度31分43.4秒 東経139度41分46.7秒 / 北緯35.528722度 東経139.696306度 / 35.528722; 139.696306
状態 完成
竣工 1988年4月30日
用途 オフィス
地上高
高さ 92.8m[1]
各種諸元
階数 地下3階、地上21階
敷地面積 1,652.89 [2]
延床面積 31,009.62 [2]
構造形式 鉄骨構造鉄骨鉄筋コンクリート構造
関連企業
設計 松田平田設計
デベロッパー 興和不動産
テンプレートを表示

建築編集

 
中層階のピロティ

JR川崎駅東口南側の、三菱電線工業川崎工場跡地[3]に興和不動産(現・日鉄興和不動産)により建設され、1988年に竣工した。隣接する日本アイ・ビー・エム川崎ビル(現・キューブ川崎)とともに当初は日本アイ・ビー・エムが拠点を置いていたが[4]、2005年からは東芝情報システムが全フロア賃借している[5]。キューブ川崎も本ビルと同じく松田平田設計による設計で[6]、外壁の色合いを揃えて統一感を持たせている。中層階のピロティは一般開放され、川崎駅前から川崎ルフロンを経て、UR賃貸住宅「サンスクエア川崎」まで、車道と平面交差しない歩行者動線を構成する。本ビルは1988年に神奈川県建築コンクール賞を受賞した[7]

脚注編集

  1. ^ 興和川崎東口ビル”. blue-style.com (2011年10月). 2017年4月28日閲覧。
  2. ^ a b 個別物件の概要 興和川崎東口ビル”. ジャパンエクセレント投資法人. 2017年5月14日閲覧。
  3. ^ 都市構造及び交通体系について(案) (PDF)”. 川崎市 (2015年3月13日). 2017年5月14日閲覧。
  4. ^ ビル年鑑川崎編 (PDF)”. 週刊ビル経営 (2003年7月). 2017年5月14日閲覧。
  5. ^ “【移転】興和川崎東口ビルを1棟借り、東芝情報システム”. 日経不動産マーケット情報. (2005年4月20日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/fa/members/news/20050420/122154/ 2017年5月14日閲覧。 
  6. ^ 日本アイ・ビー・エム川崎ビル”. 松田平田設計. 2017年5月14日閲覧。
  7. ^ 興和川崎東口ビル”. 松田平田設計. 2017年5月14日閲覧。

関連項目編集